カメラモジュールの組み付け精度検査

カメラモジュールの小型化・多機能化、そして2眼・3眼など複眼化を背景に、相対的な位置関係や高さへの精度要求が増しています。オンボードのカメラモジュールの組み付け精度を自動全数検査することで、効率的な品質チェックと不良品流出防止を実現します。

従来の課題

従来は部品の有無判別や、1点の高さだけを確認するなど、大まかな項目のみ全数検査を行っていました。しかし、精密部品の位置や浮きなど高い精度が要求される項目は、別途オフラインでの抜き取り検査が主流でした。検査工程・工数の増加、製造とのタイムラグが生じるうえ、不良品流出を防止できないことが課題でした。

解決

光切断方式を用いたインラインプロファイル測定器であれば、X・Yに加えZ(高さ)の3次元情報を素早く取得可能です。任意の基準面に対して、カメラモジュールの高さや面傾きを正確に測定できます。
また、対象物の光沢や色の影響を受けないため、レンズや金属リングなど異なる材質が混在するカメラモジュールに対しても、安定した自動全数検査と全数保証を実現します。

モジュールの位置検査と、部品の浮き・傾きの3次元測定が可能。

選定のポイント

“動いているワークも測定可能”なプロファイル測定器「LJ-X8000シリーズ」は、
自動全数検査のさまざまな課題を3次元検査で解決します。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。