コネクタピンの高さ・倒れ検査

インサート成形などで製造されるコネクタ部品は、コネクタピンの形状・寸法・位置などに問題があった場合、実装時の接合不良の原因となります。不良品流出を防止するため、製造ライン上でコネクタピンの⾼さや倒れ量を自動全数検査します。

従来の課題

従来のエリアカメラでワークを斜めから捉え、高さの違いを検査する手法では、ワークに奥まっている箇所がある場合、検査ができませんでした。また、エリアカメラで捉えることができる形状のワークの検査においても、微小かつ複数あるピンへのピント合わせや照明とワークの位置決めの難しさが課題となっていました。

解決

帯状のレーザを用いた光切断法のインラインプロファイル測定器によるインライン3次元検査であれば、ワークの奥行きの変化に影響を受けません。また、簡単な位置合わせで正確かつ安定して複数のピンを検出し、コプラナリティ(平坦度)・ピッチ・水平/垂直の位置度といった複数項目の一括検査が可能です。駆動状態のラインにおいてもタクトタイムに影響せず、高速かつ安定した自動全数検査が実現します。

OK
OK
NG
NG
3次元画像処理による測定結果

選定のポイント

“動いているワークも測定可能”なプロファイル測定器「LJ-X8000シリーズ」は、
自動全数検査のさまざまな課題を3次元検査で解決します。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。