CHAPTER 5

プレス加工の計算式

プレス抜き圧力(P:ton)

プレス抜き圧力(P:ton)
  • L(mm):抜く形状の全周長
  • t(mm):加工材の板厚
  • s(kgf/mm2):加工材のせん断抵抗*
  • k:安全率=係数(1.1~1.2)
  • *:引っ張り強さは、せん断抵抗に単位変換する。
  • 1(MPa・N/㎜2)=0.10197kgf/㎜2
memo

プレス打ち抜きに必要な圧力(荷重)を求める式です。
たとえば
抜く形状の全周長(L)=100mm
加工材の板厚(t):3mm
加工材のせん断抵抗(s)=53kgf/mm2
安全率=係数(k)=1.1(1.1~1.2)
のSUS304の場合、プレス打ち抜きに必要な圧力(P)は17.49tonになります。

曲げ圧力(P:kgf/mm2

曲げ圧力(P:kgf/mm2)
  • C:補正係数
  • L(mm):曲げ長さ
  • t(mm):板厚
  • σb:材料の引張り強さ(抗張力:kgf/mm2
  • V(mm):曲げに使用する金型のV幅
memo

プレスによるV曲げに必要な加圧力を求めます。
材料の引張り強さ(σb)は材質によって決まった数値を指定します。たとえば、炭素鋼(軟鋼)SS400では44kgf/mm2、ステンレス鋼SUS304では53kgf/mm2です。また、補正係数(C)はV/tにより変化しますので、加工材を測定し、式に代入してください。
たとえば、
補正係数(C)=1.44
曲げ長さ(L)=20mm
板厚(t)=3.2mm
引張り強さ(σb)=53kgf/mm2
V幅(V)=20mm
の場合、曲げ圧力(P)は約781.51kgf/mm2になります。

なるほど!機械加工入門 トップへ戻る