拡散照明

金属鏡面や半田、表面が滑らかな樹脂など、正反射する対象物では、一方向からの照明では極端な明暗が生じます。このような対象物で、求めるような鮮明な像が得られないときは、拡散照明が有効です。拡散照明を使用すると、対象物に対してあらゆる方向から均一な光をあてることで、安定した反射光が得られます。

正反射する立体構造物からの反射光

正反射する立体構造物からの反射光

拡散照明

拡散照明

拡散照明 画像例

拡散照明 画像例
デジタル顕微鏡 VHX-7000シリーズ あらゆる拡大観察を1台で

顕微鏡入門ガイド トップへ戻る