セーフティコントローラ

セーフティコントローラとは、安全入力機器からの信号を元に、機械の起動を制御するための機器です。故障が発生した場合、自己診断によって故障を検出し、安全出力をOFFにします。

セーフティコントローラ

以下は、セーフティコントローラの分類の一例です。

プログラミングができるタイプ

一般的に、セーフティPLCと呼ばれることもあります。プログラミングができるため、複雑なロジックを構築できます。

プログラミングができないタイプ

一般的に、セーフティリレーユニットと呼ばれることもあります。入力と出力が1セットずつのタイプから、複数の入力と出力を持ち、簡単な安全制御回路を構築できるタイプまであります。

キーエンスのセーフティコントローラGCシリーズはプログラミングができるタイプです。 簡単にカテゴリ4の安全制御回路を構築できるのはもちろん、「全体停止」と「部分停止」 をおこなうような簡単な制御であれば、アプリケーションを選択するだけのプログラムレスで実現できます。

【部分停止のイメージ】

非常停止スイッチを押すと、装置Aから装置Cまで全てが停止します。
前面のカバーまたは背面のカバーを開くと、該当する装置だけが停止します。

装置A,B,C、背面カバー用/全面カバー用セーフティドアセンサ(GSシリーズ)、非常停止スイッチ

安全知識.comトップへ戻る

  • こんな安全センサが欲しかった 解決事例を詳しく見る

安全について
もっと知りたい方!

最新安全規格をまとめた、ブックレットを特別配信中!

無料でダウンロード
  • こんな安全センサが欲しかった 解決事例を詳しく見る
  • スマートなのに堅牢 セーフティドアセンサ GSシリーズ
  • 安全性と生産性を両立する セーフティレーザスキャナ SZ-Vシリーズ
  • 生産性を落とさない セーフティライトカーテン 総合カタログ
安全機器の運用ノウハウが学べるサイト 安全ケーススタディ