パフォーマンスレベルの評価手順

パフォーマンスレベルの評価手法について、具体的に説明します。

制御システムの安全関連部は、I(入力装置)、L(論理処理)、O(出力装置)から構成されます。 まず、制御システムがどんな安全機能を持つのかを整理します。

例)
安全機能1:非常停止スイッチを押すと、コンタクタがOFFして動力を遮断する
安全機能2:ライトカーテンを遮光すると、コンタクタがOFFして動力を遮断する

パフォーマンスレベルの評価手順

1つの制御システムが複数の安全機能を持つ場合、安全機能ごとに分けてパフォーマンスレベルを評価します。

パフォーマンスレベルの評価手順

安全関連部全体のパフォーマンスレベルを評価するためには、各機器の以下のパラメータを求める必要があります。

  • カテゴリ
  • DCavg
  • MTTFd
  • CCF

または

  • PFHd

これらのパラメータの詳細は、次項で説明しています。

安全知識.comトップへ戻る

  • こんな安全センサが欲しかった 解決事例を詳しく見る

安全について
もっと知りたい方!

最新安全規格をまとめた、ブックレットを特別配信中!

無料でダウンロード
  • こんな安全センサが欲しかった 解決事例を詳しく見る
  • スマートなのに堅牢 セーフティドアセンサ GSシリーズ
  • 安全性と生産性を両立する セーフティレーザスキャナ SZ-Vシリーズ
  • 生産性を落とさない セーフティライトカーテン 総合カタログ
安全機器の運用ノウハウが学べるサイト 安全ケーススタディ