リスクアセスメントとパフォーマンスレベル

リスクアセスメントの結果、リスクの低減が必要になれば、具体的なリスク低減方策を取ることになります。
リスクアセスメントの意味と進め方

ここで、リスク低減方策が制御に基づくものである場合(たとえばセーフティライトカーテンや非常停止スイッチを使用する場合)、制御システムの安全関連部の評価が必要になります。

リスクアセスメントとパフォーマンスレベル

安全関連部の評価手法については、「ISO13849-1」(機械の安全性-制御システムの安全関連部:設計のための一般原則)で規定されています。このISO13849-1は2006年に改訂されており、この改訂版で、安全関連部の「信頼性」を考慮した「PL(パフォーマンスレベル)」の考え方が定義されました。

安全知識.comトップへ戻る

  • こんな安全センサが欲しかった 解決事例を詳しく見る

安全について
もっと知りたい方!

最新安全規格をまとめた、ブックレットを特別配信中!

無料でダウンロード
  • こんな安全センサが欲しかった 解決事例を詳しく見る
  • スマートなのに堅牢 セーフティドアセンサ GSシリーズ
  • 安全性と生産性を両立する セーフティレーザスキャナ SZ-Vシリーズ
  • 生産性を落とさない セーフティライトカーテン 総合カタログ
安全機器の運用ノウハウが学べるサイト 安全ケーススタディ