防振ゴムの高さ測定

振動伝達の低減や振動吸収、騒音を軽減する自動車用防振ゴムは、ボディやフレーム、エンジン、サスペンションのマウントやブッシュなど多岐に渡り用いられます。防振ゴムの高さ不良は、組み付けや封止時の不具合、または防振性能低下の原因となるため、インラインで高さや段差形状を全数検査します。

従来の課題

従来の2次元画像による検査では高さが計測できず、対象物の色のコントラストが低いほど段差形状の検査が困難だったことが、全数検査の自動化における課題となっていました。

解決

パターンプロジェクション照明と高解像度カメラを用いることで、防振ゴムの高さ・段差のインライン検査が可能となります。
取得した3次元画像から任意の直線位置の段差計測・判別が可能な「プロファイル判別」や、計測範囲内の最小・最大高さ、平均高さで検査可能な「高さ判別」など、3D撮像モードの豊富な計測ツールから目的に合った検査を実施可能です。

高さ判別(参考例:金属部品のボルト浮き検査)

選定のポイント

”2次元+3次元検査”に対応する「パターンプロジェクション照明」は、
自動全数検査のさまざまな課題を3次元検査で解決します。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。