ブレーキパッドの打痕検査

ブレーキパッドの打痕を全数検査します。インライン3次元検査では、外観不良の検査と同時に、高さや面積の測定も可能です。品種判別や寸法測定など複数の検査を同時に実施することで、検査の合理化が実現します。

従来の課題

ブレーキパッドのように素材表面に微少な凹凸があり、色の濃淡が均一ではない製品は、自動外観検査が困難でした。
また、目視による全数検査を実施する場合、人件費による巨額なコスト負担のほか、ヒューマンエラーによる見落としや合否判定のバラツキが不良品流出の原因となる懸念がありました。

解決

光切断方式のインラインプロファイル測定器を導入し、3次元画像処理することで外観検査の自動化が可能です。
ワーク表面の凹凸の深さ・高さ・大きさ(面積)・体積や反りなどを高速かつ正確に測定できるため、打痕による不良か、素材自体の凹凸かの区別が可能です。また、ワーク表面の色や模様に影響されず、安定した自動全数検査が実現します。

濃淡画像
高さ画像
凹み検出結果

選定のポイント

“動いているワークも測定可能”なプロファイル測定器「LJ-X8000シリーズ」は、
自動全数検査のさまざまな課題を3次元検査で解決します。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。