フロントガラス組み付け時のシール材の幅・高さ測定

フロントガラスを車体に組付ける際、ガラス側にビード状に自動塗布したシール材(プライマー・シーラー・シーラント)の幅・高さを全数・全周測定・検査します。自動車製造において、ディスペンサロボットを用いた液状ガスケット(FIPG・CIPG)塗布の自動化に伴い、検査の自動化にも要求が高まっています。

従来の課題

塗布した量(体積)や位置・形状などが不適切な場合、長期的な耐久性や防水性能に問題が生じます。しかし、目視検査では異常箇所を見落とす懸念があります。また、エリアカメラでは奥行き情報が取得できないため異常箇所の検出が難しく、従来のレーザ変位計では塗布ビード曲面の光沢により正確な測定が困難といった課題がありました。

解決

ブルーレーザを採用した光切断方式のインラインプロファイル測定器であれば、測定範囲内の2次元断面形状を高速で連続取得し、ガラス表面とシール材の高さ・幅を正確に測定できます。また、対象物の光沢に影響されないため、安定した検査が可能です。
さらに、連続したデータを3次元画像処理することで、気泡による微小な凹みの検出や体積換算など高度な3次元検査が実現します。

解決
A
塗布量過剰
B
へこみ
C
欠け

選定のポイント

“動いているワークも測定可能”なプロファイル測定器「LJ-X8000シリーズ」は、
自動全数検査のさまざまな課題を3次元検査で解決します。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。