自動車に用いられる金属部品は、エンジン・ミッション・シャシ・排気関連のほか、車体部品・制御装置・内装部品まで多岐に渡り用いられています。加工方法も鋳造・プレス・切削などさまざまです。なかでも、薄板を加工した金属製ケースなどは、比較的軽い衝撃で凹みなどの外観不良が生じやすく、表面の外観検査は重要となります。

従来の課題

車体に組み込む金属部品には、油による汚れや、材料そのものの表面の粗さなど、さまざまな表面状態が混在しています。しかし、従来の2次元カメラによる濃淡画像では、金属表面の凹みと汚れとの区別が困難なため、凹みなどの外観不良の見逃しや誤判定が生じるといった課題がありました。

従来(エリアカメラ)
凹みと汚れの区別が困難。

解決

パターンプロジェクション方式の3次元カメラであれば、ワークに応じて基準面を自由に決めることができます。これにより、ワークの表面状態の影響を受けることなく、急峻な凹みから緩やかな凹みまで、検査要求に適った正確な凹み深さを実寸で計測することができます。これをインライン導入することで全数外観検査の自動化が実現します。

3次元カメラ(XT)
表面状態に関わらず凹み深さを実寸計測。

選定のポイント

広視野を”実寸”で捉える「XTカメラ」は、
自動全数検査のさまざまな課題を3次元検査で解決します。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。