RFIDとは?

RFIDとは?

RFIDとは、「Radio Frequency Identification」の略で、専用タグ(RFタグ/ICタグ)のデータを非接触で読み書きする技術です。身近なところでは交通系ICカードや電子マネー、そのほかにも製造・流通・小売り・医療など、さまざまな業界で活用が進んでいます。従来は、商品や在庫の管理にバーコードや2次元コード(QRコードなど)が用いられてきましたが、スキャナで1つ1つ読み取る必要がありました。しかし、RFIDは、電波の届く範囲であれば複数の専用タグを同時に読み取ることが可能です。そのため、バーコードや2次元コードに代わる新たな技術として注目が集まっています。

ICタグやRFタグの呼称について
RFIDで重要な専用タグは、「ICタグ」「RFタグ」「電子タグ」「非接触タグ」のように呼ばれます。最近では、RFIDという言葉が一般的になり、「RFタグ」という呼称が広がっています。また、JIS(日本工業規格)でも「RFタグ」と定められています。そこで今回は、「RFタグ」という呼称で統一します。RFタグは、電子データを記録した部品のことです。また、RFタグには、大きく「パッシブタグ」「アクティブタグ」「セミアクティブタグ」の3種類に分類されます。詳しくは、「RFタグとは?」をご覧ください。

RFIDのしくみ

RFIDのしくみ
A
データ処理PC リーダライタに対してRead/Write指示
B
リーダライタ タグに対してRead/Write指示
C
RFタグ ID情報保持
D
制御コントローラ
E
アンテナ
F
搬送波
G
反射波
H
RFIDハンディターミナルのように1つになっているケースもあります。

RFIDは、専用のリーダライタ(読み書き機)を用いて、RFタグの情報を無線で読み書きするシステムの総称です。無線通信でデータの読み書きを行うので、バーコードのように接近せず、リーダライタ(読み書き機)とRFタグの間に障害物があってもデータを読み書きできることが特長です。たとえば、通信範囲内であれば、段ボール内のRFタグの情報を読み書きしたり、財布の中に入った交通系ICカードをスキャンして支払いを行ったりすることが可能です。これが従来のバーコードや二次元コードとの大きな違いです。

RFIDの特長

RFIDの特長

RFID最大の特長は、上述したように無線通信なので、電波の届く範囲であればリーダライタとRFタグが離れていても読み書き可能ということです。こちらでは、RFIDの特長をまとめてみました。

RFIDの特長01 非接触で読み書きができる

バーコードや2次元コードのようにスキャナを近づけなくてもデータの読み書きが可能です。そのため、離れたところにある商品や、高い場所にある商品のデータも読み書き可能です。わざわざ商品を探し、手元でスキャンするといった手間がかからず効率的です。

RFIDの特長02 障害物があっても読み書きができる

非接触かつ通信距離が長いので、梱包された商品のデータを箱の外から読み書きできます。そのため、箱や袋から商品を取り出してスキャンする必要がありません。

RFIDの特長03 複数のRFタグのデータを一括でスキャンできる

バーコードや2次元コードは、特性上、1つ1つスキャンする必要がありました。しかし、RFIDは、電波の届く範囲であれば、一括でデータの読み書きができます。そのため、大幅な作業時間の削減が期待できます。

RFIDの特長04 データの書き換えに対応している

バーコードや2次元コードは、データの読み取り専用でした。しかし、RFIDは種類によってデータの読み取りだけではなく、書き換えも行えます。たとえば商品名や価格などに間違いがあった場合、また変更になった場合でも簡単にデータを書き換え可能です。そのため、バーコードや2次元コードを印字し直したり、貼り直したりといった手間が省けます。

RFIDの特長05 印字のカスレや汚れによる読み取り不良がない

バーコードや2次元コードは、印字のカスレや汚れ、破れ、テープの付着などにより、タグが汚れていると読み取れないという問題がありました。しかし、RFIDは、内部にデータを記録しているので、表面の汚れによる読み取り不良が発生しません。そのため、使用環境が悪い場所でも安定したデータの読み書きが可能です。

RFIDの特長06 セキュリティ性に優れている

RFIDに用いられているICチップは、複製が困難なのでセキュリティ性に優れています。偽造が難しいため、個人情報の記録にも適しています。

RFIDの特長07 メンテナンスフリーで使える

バッテリーを搭載していないパッシブタグは、半永久的に使えるのでメンテナンスの手間がかかりません。汚れでスキャンできなくなることもないため、メンテナンスフリーで利用できます。

ハンディターミナル活用ガイド トップへ戻る