製造工場での物流改善事例概要と事例

物流とは、生産者から消費者へ製品や商品を受け渡す一連の流れを指します。ここでは、製造工場での物流改善事例について紹介します。

製造工場における物流とは

純粋な物流業界とは少し異なりますが、「生産物流」という用語があります。生産物流とは、製造現場における部品や資材の調達から製造、製品の在庫管理、出荷(販売)という一連の工程で生じるモノの流れを指した言葉です。こちらでは、生産物流の概要・流れや、各工程の基礎知識に加え、ハンディターミナルを用いた各工程の効率化を実現した事例を紹介します。

生産物流とハンディターミナルの活用事例

生産物流とハンディターミナルの活用事例

生産物流とは、製造現場意におけるモノの流れを指す言葉です。工程は、大きく「部品・原材料倉庫」「製造工程」「出荷場・完成品倉庫」の3つに分けることができます。こちらでは、各工程の概要とハンディターミナルを活用した効率化・省人化の活用事例を説明します。

1. 部品・原材料倉庫の概要と課題

優れた生産設備を持つ製造工場でも予定した部品や原材料、必要数量が正しく調達できなければ、スケジュール通りに製造ラインを稼働できません。製造工場の安定稼働を実現するには、部品や原材料調達の窓口となる入荷と入荷検品の安定化が重要です。

また、部品・原材料の棚入れに間違えがあるとピッキングミスにつながり、ピッキングのやり直しという手間が増え、そのまま製造工程にモノが移動すれば不良品発生を引き起こす原因になります。部品・原材料倉庫の入荷検品、棚入れ、ピッキングのミスの多くは、人間の取り間違えや誤認識などのヒューマンエラーによるものです。

部品・原材料は現品票などで管理されていますが、人間は長い桁数の数字や文字列を照合するのには向いていないため、在庫台帳への記入漏れや記入忘れ、情報の照合ミスなどヒューマンエラーが発生するのは決して避けられません。こうした事態を防止するには、バーコードとハンディターミナルによる在庫管理が最も合理的です。

ハンディターミナルの活用事例

バーコードとハンディターミナルによる在庫管理を活用すれば、たとえ入荷する商品自体にバーコードがない場合でも、ハンディターミナルとシステムを連携させ、バーコードラベル発行することで対応することが可能です。さらに入荷時に発行したバーコードで入庫・棚入れ、工程払出・部品ピッキング、ロケーション移動、棚卸しを管理すれば、無駄なく商品管理が実施できます。入庫日の情報なども付与できるので、先入れ先出しの指示もスムーズになり、部品・原材料の発注業務も効率的です。

ハンディターミナルの活用事例

2. 製造工程の概要と課題

製造工程では、多くの部品・原材料・工具などを使用します。これらの選択ミスは、不良品発生に直結します。そこで正しい部品・原材料・工具などの選択が必要不可欠ですが、形状や品番が似た部品・原材料との取り間違え、使用する工具の見間違えなどは現場でたびたび発生します。このような製造工程におけるミスを防ぐためにハンディターミナル&バーコードは多方面で活用されています。

ハンディターミナルの活用事例

工程管理
ハンディターミナルとシステムの連携で作業工程の実績を記録できるので、作業の正確性と効率改善が図れ、ミスやトラブルのない生産を可能にします。工程管理は無線でリアルタイムに行われるので、本部など現場から離れた場所からでも進捗をチェックできます。
作業工数管理
ハンディターミナルで作業開始と終了を記録することで、作業者がどれだけの工数で必要な作業をどの程度の時間で完了させることができたかをデータ化できます。このデータを統計的に分析することにより、非効率の原因究明や改善計画の立案などが容易に行えます。
トレーサビリティ
出荷した製品が「いつ」「どこで」「誰が」「どのように」生産し、流通させ、出荷したかについて、いつでも追跡調査できる情報活用のあり方が「トレーサビリティ」です。部品や原材料の入荷から完成品の出荷まですべての工程について履歴を残すことと言い換えることもできます。ハンディターミナルとバーコードによる管理で、全工程を一気通貫でトレースできるようになれば不良品発生時でも原因や対象ロットを特定することが可能です。

また、製造装置においては、固定式のコードリーダにて、全数を自動的に読み取り、データの集約を行うことも一般的になっています。

ハンディターミナルの活用事例

リアルタイムで工程情報の収集ができ、効率化や工程改善に役立つ!

ハンディターミナルの活用事例

3. 出荷場・完成品倉庫の概要と課題

出荷先別に仕分けられた製品が配送先や品名、品番、数量について、出荷指示通りにピッキングされたかどうかをピッキングリストや出荷指示書を見ながら確認する作業が出荷検品です。出荷検品は、 1. の入荷検品と同様に目視で行うと一定の確率で誤出荷が生じます。

ハンディターミナルの活用事例

目視からハンディターミナルを用いたバーコード検品にシフトすると照合精度が格段に向上し、客先の信用を失いかねない誤出荷を解消できます。ハンディターミナル導入によるメリットは誤出荷防止だけではありません。システムとの連携により、出荷確認された商品と数量の情報はスキャンと同時にリアルタイムでシステムにフィードバックされるので、常に正確な在庫データが把握できます。

ハンディターミナルの活用事例

また、出荷時には、社内現品票と客先現品伝票で品番が一部異なる、または完全に異なる場合もあり、間違いが起こりやすく、管理に手間がかかっていました。
ハンディターミナルを使うことで、社内現品票や客先現品票で品番が変わる場合などのケース(完全一致型・部分一致型・完全不一致型)でも、柔軟に対応できます。

ハンディターミナルの活用事例

物流効率化のキホン トップへ戻る