物流業務改善のために

作業の非効率さ、ポカミスの多さ、ムリ・ムダ・ムラの3Mなどにより、物流業務にロスが発生していることは多くの現場で実感しているはずです。しかし、どこを改善すべきかがわからないというのが、物流や倉庫業に携わる多くの経営者様・管理者様のお悩みとなっていることが多いです。

特に日によって入荷や出荷の数量に大きな変動がある物流の現場では、人員配置の設定が難しく、最小限の人員で仕事を回さなくてはならないということも多くあります。そこで重要になるのが工程管理です。ここでは、物流業務改善のポイントについて紹介します。

改善点を見つける
改善点を見つける

どこを改善すべきかを明らかにするためには、入荷から出荷までの工程がどうなっているのか、誰がいつ、どこで、どんな作業をしたのかをフィードバックする仕組みが必要です。例えば1時間にどれだけの数量をピッキングできているのか、ピッキングから梱包が完了するまで何分かかっているのか、ピッキングが完了するまで現場のスタッフは“何歩”歩いているのかを知ることができれば、どの工程でムダやミスが発生しているのかおおよその見当がつきます。このように“実績”を収集し、現場の改善に役立てる活動が工程管理です。

実績収集の課題
実績収集の課題

問題はどう実績を収集するかです。最小限の人員で現場を回しているのが物流の世界です。作業開始時間や終了時間を記録するだけでも作業員にとっては負担となり、本来の作業に支障をきたします。その結果として作業効率の低下、ミスの発生などの問題が起こる可能性もあります。また、人の手に実績収集を委ねると記入漏れや誤記も発生するので、収集した実績の精度・確度が担保できず、問題の究明につながらない恐れもあります。

ハンディターミナルを活用した工程管理がポイント

物流の現場で改善のための情報を得るには、作業を中断させず、作業者に負担をかけない工夫や配慮が必要です。そこで検品やピッキングで使用しているハンディターミナルを実績収集に活用することで、最小限の手間で効率的に改善に取り組むことができます。

ハンディターミナルなら作業の開始や終了の時刻、その経過について自動的に、しかも正確に記録してくれるからです。さらに読み取ったデータは無線LANなどを経由してパソコンに反映できるので、実績をリアルタイムに確認でき、人力による収集作業にありがちなムダやミスも生じません。まさに、こうした最新のツールを活用した工程管理こそ改善のカギと言えます。

ハンディターミナルを活用した工程管理がポイント

物流効率化のキホン トップへ戻る