賞味期限やロットNOを印字する目的

製品への印字には様々な目的があります。「法律に則した表記をするため」「自社製品の管理のため」「物流ルートで判別するため」など多くの目的のもと、印字をしています。

食品の賞味期限印字

賞味期限(消費期限)の印字は、消費者にとっては商品の鮮度が区別でき、安心して購入することができます。また、メーカにとっては責任の期限を明確にできるメリットがあります。
印字の際には賞味期限の表示に続けて年月日まで記載が必要です。ただし、スペースの問題で同じ位置に表示が難しい場合には「賞味期限は○○に記載」として、単独での記載も可能です。表示方法についてはさまざまな規定があり、例えばLOTナンバーや製造所固有記号との併記をする場合には注意が必要です。

ホットプリンタ vs ユニバーサルインクジェットプリンタ MK-Uシリーズ 賞味期限の印字するならどちらがいいのか?

食品ロスと賞味期限印字について

本当なら食べれるはずの食品が、大量に捨てられている「食品ロス」の問題により賞味期限の表示方法の見直しが検討されています。食品メーカーや流通業者などで作る業界団体により議論が進んでいて、賞味期限がおおむね1年以上ある飲料やお菓子、インスタント食品といった加工食品が対象となるようです。

製造所固有記号印字

食品表示法では「製造所の所在位置及び製造者の氏名又は名称」の表示を義務付けられていますが、同一の製品を2か所以上で製造している場合は、消費者庁に届け出た製造所固有記号の表示に変えることが可能です。

ロット番号印字・シリアル番号印字

安定した品質を維持・管理するために、商品がいつ・どこで作られたものかを記号にして印字します。また、重大なクレームが発生した際に、ロットを特定することで市場回収量を最⼩限に留めるメーカ防衛策にも使用されています。

工程管理用のコード印字

製造工程内で後工程に必要な情報を記号やバーコードで印字します。生産効率の向上や不良品発生の防止に役立ちます。例えば計測器の測定結果を印字し、それに応じて調整を行なう場合や、不具合部分にバッドマークをつけ、製品に使用しないように指示するなど多くの製造工程で利用されています。

模造品防止印字

製品に対して自社だけが認識できる隠し番号や記号を印字する事で模造品が発生した際に区別が付けられるようにします。自社ブランドを保護する目的で近年注目されています。

point印字の必要性

製品に直接レーザマーカやインクジェットプリンタで印字することで、製造履歴、工程管理、自動識別など製造に関わる様々な情報を記録しトレーサビリティを確実に追えるようにします。万が一、製品に不具合があった場合でも、その原因の特定が短時間ででき、不具合品の回収量も最低限に抑えます。

IJPステーショントップへ戻る