CHAPTER 2容器の種類

ガラスびん

特徴

ガラスびんは液体で多く採用されています。基本的に透明で中身をアピールしやすいことや細菌などが付きづらい衛生性から、飲料や調味料での採用が多く見受けられます。再利用が可能なことから環境負荷の少ない容器としても認知があります。
一方で重く、かさばるなどのマイナス面もあり、輸送コストが高いことから、缶や紙パック、チルドパックなどへの移行が進み、全体の採用数は減少しています。ただ、意匠性の高さや高級感があるなどの理由で、一部の飲食店ではガラスびんの採用を続けているところもあります。貼られるラベルはグルーやシュリンク、粘着などです。

ガラスびん

ガラスびん

  • 透明性
  • 意匠性
  • 高級感
  • 衛生性
  • 環境面

食品包装技術入門トップへ戻る

本サイトの内容をお手元に。