CHAPTER 3ラベルの種類

ラップラウンド

特徴

ラップラウンドは、胴巻きラベルとも呼ばれるもので、帯のような横長のラベルを使用します。帯の一方の端に粘着剤を塗工し、容器に巻き付けて貼り付けます。
主にガラスびんやPETボトルで採用されています。
大量品が多いため、ほとんどがグラビア印刷で生産されます。
基材はフィルムが多く、シュリンクラベルと同じくPEやPP、POを使用します。一部では紙や合成紙などが使用されることもあります。
大手飲料メーカーでは、環境負荷やコスト削減を理由にシュリンクラベルから胴巻きラベルに切り替える動きが活発で、採用数が増えています。ただ、シュリンクラベルに比べ表示面積が少ないことから店頭でのアピール力が高いとはいえず、ブランドが確立した商品や人気商品での採用が中心となっています。

ラップラウンド

ラップラウンド

シュリンクラベルに比べ、ラベル表示面積が狭い。

食品包装技術入門トップへ戻る

本サイトの内容をお手元に。