CHAPTER 3ラベルの種類

シュリンク

特徴

シュリンクラベルは、熱を加えることで収縮するフィルムの性質を利用し、容器にぴったりと貼り付けるラベルです。最も多く使われているのが、清涼飲料などのPETボトルで、調味料や医薬品でも採用されています。
容器全体を覆うことができるため、遮光性が高く内容物の保護効果があります。また、表示面積を大きく取れることから商品PRに適し、注意書きの必要な薬品でも重宝されています。
従来はほとんどが大量品向きのグラビア印刷で生産されていましたが、近年はデジタル印刷機で生産することにより、少量品にも対応できるようになりました。
素材はポリエステル(PET)やポリスチレン(PS)などが一般的です。

シュリンクラベル

シュリンクラベル

複雑な容器にもフィルムがぴったりと収縮。

食品包装技術入門トップへ戻る

本サイトの内容をお手元に。