機械要素の機能

多くの場合、ボルトやナットなどは部品と部品を接合し、カムは運動の方向を変え、 歯車やリンクは運動を伝えます。また、ベアリングは高速で回転する軸を支えます。

これらはすべて機械要素であり、機械は小さな機械要素という部品で構成されています。そして、機械を構成する機械要素は、機能によって大きく以下のように分類することができます。

①締結要素
機能:部品や組み立て部品を固定または結合する
要素名:ねじ・ボルト・ナット・リベット・キー・ピンなど
②伝達要素
機能:動力やトルク、回転を伝える
要素名:軸・軸受(ベアリング)・軸継手・歯車・巻き掛け伝動装置(ベルト・チェーン)など
③液体伝達要素
機能:流体を伝えて制御する
要素名:管・管継手・フランジ・バルブなど
④密封要素
機能:気体や液体を密封する
要素名:軸封装置(シール)・Oリング・ガスケットなど
⑤案内要素
機能:回転運動や直線運動時の摩擦を抑える
要素名:軸受(ベアリング)・スライドユニットなど
⑥制御要素
機能:機械を制御する
要素名:コンピュータ・インターフェース・リレー・スイッチなど
⑦エネルギーの変換要素
機能:動力の向きや大きさなどを変換する
要素名:リンク・カム・クランクなど
⑧緩衝要素
機能:動いているものや、衝撃のエネルギーを吸収する
要素名:ブレーキ・ばね・ダンパーなど
例:自動車に使われている機械要素
例:自動車に使われている機械要素
  1. 1. ねじ:ホイールナット
  2. 2. 歯車:変速ギヤ
  3. 3. バルブ:エンジンバルブ
  4. 4. ガスケット:ヘッドガスケット
  5. 5. 軸受:クランクシャフト、ベアリング
  6. 6. コンピュータ:ECU
  7. 7. 軸:クランクシャフト
  8. 8. ばね:サスペンション、スプリング

イチから学ぶ機械要素 トップへ戻る