DataMatrixコードDataMatrixコードの構成

DataMatrix(データマトリックス)コードは、マトリックス型の2次元コードで、1987年にアイディマトリックス社によって開発されました。
1996年AIMIのISS規格に登録され、2000年にISO/IEC規格になっています。

仕様
最小シンボルサイズ 10×10セル
最大シンボルサイズ 144×144セル
最大データ量 数字 3,116字
英数字 2,335字

また、ECC200には、正方形タイプと長方形タイプがあります。
DataMatrixには、ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140という古いバージョンとECC200の新しいバージョンがあります。

ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140

セルサイズは、9×9から49×49までの奇数のセル数で構成され、誤り訂正の方法として「コンボリューション方式」を採用したDataMatrixです。
データ容量を大きくすると、歪みが少しでもあると読み取りが非常にに悪くなり、2次元コードとしての性能が劣ることから、ほとんど利用されていません。

ECC200

DataMatrixの初期バージョンで問題となっていた歪みに対するエラー訂正機能を向上させたバージョンが、ECC200です。
ECC200の誤り訂正にはコードの一部分が損傷した場合でもデータの復元が可能な「リードソロモン方式」を採用しており、歪みに対しても強く、コードのサイズも小さくすることができるようになりました。
このECC200が、国際的にも規格化されており、DataMatrixを使用する場合は、このECC200が標準的に使用されます。

ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140とECC200のの簡単な見分け方は、一辺のセル数が奇数のものが「ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140」、偶数のものが「EC200」になります。

ECC140

ECC140

ECC200

ECC200

バーコード講座 トップへ戻る

関連お役立ち資料
ポカよけ
簡単確認・ミス完全撲滅
ハンディターミナル BTシリーズ ポカよけ 簡単確認・ミス完全撲滅
PDFダウンロード
KAIZEN事例集 コードリーダのコスト改善・省力化 オートフォーカス編
KAIZEN事例集 コードリーダのコスト改善・省力化 オートフォーカス編
PDFダウンロード
ハンディターミナル 総合カタログ
ハンディターミナル 総合カタログ
カタログで詳しく見る