CODE128

CODE128とは

CODE128は、1981年コンピュータアイデンティックス社(アメリカ)によって開発されたバーコードです。
このCODE128は、アスキーコード128文字(数字、アルファベット大文字/小文字、記号、制御コード)全てをバーコード化することができます。
つまり、コンピュータのキーボードから打てる文字(漢字、ひらがな、カタカナ以外)を全て表すことができるため、コンピュータと非常に相性のよいバーコードであるといえます。

CODE128の構成

基本構成は以下の通りです。

CODE128の構成
  • バーのサイズは4段階に分かれています。
  • 3本のバーと3本のスペースで1文字を表します(計6本)。
  • スタートキャラクタは、“CODE-A”“CODE-B”“CODE-C”の3種類があり、どれを使うかによりそれ以後表すことができる文字が異なります(「キャラクタ構成について」の項目のキャラクタ構成表を参照。例えば、CODE-Aを使用した場合は、CODE-A列に書かれている文字を表すことができる)。
CODE128の構成
  • CODE-Cを使うと、1つのバーパターンで2桁の数字を表すことができるので、非常に情報密度が高くなります。
  • コードセットキャラクタ(CODE-A,CODE-B,CODE-C)を使うと、スタートキャラクタがCODE-Aであっても、途中からCODE-B列の文字またはCODE-C列の文字に変更することができます。
  • “SHIFT”は、SHIFTが登場した次の1文字のみを次の列(A→B、B→C、C→A)の文字に変更できます(コンピュータのSHIFTキーと同じようなもの)。
  • チェックデジットとしては、「モジュラス103」が使用されます。

CODE128の特徴

  • アスキーコード128文字を全てバーコード化できます([ESC][STX][ETX][CR][LF]などの制御コードもコード化できる)。
  • スタートキャラクタがCODE-Cの場合は、1つのバーパターンで2桁の数字を表すことができるので、非常に効率のよいバー構成になります。桁数が12桁以上の場合は、ITFよりも小さなサイズにすることができます。
  • バーのサイズが4種類あるので、使用するプリンタに高い印字精度が必要です。
    つまり、ドットインパクトプリンタ、FA用インクジェットプリンタ、段ボールへのフレキソ印刷には向きません。

CODE128の使われ方

CODE128は、スタートコードにCODE-Cを使うことで、数字だけなら、非常に高密度のバーコードを作ることができます。
このCODE128の特性を生かし、製品の製造日、賞味期限、重量、寸法、ロット番号、出荷先、請求先など様々な情報をバーコード化したもの(GS1-128)が、現在様々な業界で活用され始めています。

代表的なものに、以下の業界があります。

  • チェーンストア、百貨店協会
  • 医療材料業界
  • コンビニエンスストア業界
  • 食肉業界

GS1-128については、「GS1-128」の項目で詳しく解説します。

キャラクタ構成について

数値 CODE
A
CODE
B
CODE
C
バーのパターン
0 SP SP 0 バーのパターン
1 ! ! 1 バーのパターン
2 " " 2 バーのパターン
3 # # 3 バーのパターン
4 $ $ 4 バーのパターン
5 % % 5 バーのパターン
6 & & 6 バーのパターン
7 ' ' 7 バーのパターン
8 ( ( 8 バーのパターン
9 ) ) 9 バーのパターン
10 10 バーのパターン
11 + + 11 バーのパターン
12 , , 12 バーのパターン
13 - - 13 バーのパターン
14 . . 14 バーのパターン
15 / / 15 バーのパターン
16 0 0 16 バーのパターン
17 1 1 17 バーのパターン
18 2 2 18 バーのパターン
19 3 3 19 バーのパターン
20 4 4 20 バーのパターン
21 5 5 21 バーのパターン
22 6 6 22 バーのパターン
23 7 7 23 バーのパターン
24 8 8 24 バーのパターン
25 9 9 25 バーのパターン
26 26 バーのパターン
27 ; ; 27 バーのパターン
28 < < 28 バーのパターン
29 = = 29 バーのパターン
30 > > 30 バーのパターン
31 ? ? 31 バーのパターン
32 @ @ 32 バーのパターン
33 A A 33 バーのパターン
34 B B 34 バーのパターン
35 C C 35 バーのパターン
36 D D 36 バーのパターン
37 E E 37 バーのパターン
38 F F 38 バーのパターン
39 G G 39 バーのパターン
40 H H 40 バーのパターン
41 I I 41 バーのパターン
42 J J 42 バーのパターン
43 K K 43 バーのパターン
44 L L 44 バーのパターン
45 M M 45 バーのパターン
46 N N 46 バーのパターン
47 O O 47 バーのパターン
48 P P 48 バーのパターン
49 Q Q 49 バーのパターン
50 R R 50 バーのパターン
51 S S 51 バーのパターン
52 T T 52 バーのパターン
53 U U 53 バーのパターン
54 V V 54 バーのパターン
55 W W 55 バーのパターン
56 X X 56 バーのパターン
57 Y Y 57 バーのパターン
58 Z Z 58 バーのパターン
59 [ [ 59 バーのパターン
60 \ \ 60 バーのパターン
61 ] ] 61 バーのパターン
62 ^ ^ 62 バーのパターン
63 _ _ 63 バーのパターン
64 NUL 64 バーのパターン
65 SOH a 65 バーのパターン
66 STX b 66 バーのパターン
67 ETX c 67 バーのパターン
68 EOT d 68 バーのパターン
69 ENQ e 69 バーのパターン
70 ACK f 70 バーのパターン
71 BEL g 71 バーのパターン
72 BS h 72 バーのパターン
73 HT i 73 バーのパターン
74 LF j 74 バーのパターン
75 VT k 75 バーのパターン
76 FF l 76 バーのパターン
77 CR m 77 バーのパターン
78 SO n 78 バーのパターン
79 SI o 79 バーのパターン
80 DLE p 80 バーのパターン
81 DC1 q 81 バーのパターン
82 DC2 r 82 バーのパターン
83 DC3 s 83 バーのパターン
84 DC4 t 84 バーのパターン
85 NAK u 85 バーのパターン
86 SYN v 86 バーのパターン
87 ETB w 87 バーのパターン
88 CAN x 88 バーのパターン
89 EM y 89 バーのパターン
90 SUB z 90 バーのパターン
91 ESC { 91 バーのパターン
92 FS 92 バーのパターン
93 GS } 93 バーのパターン
94 RS 94 バーのパターン
95 US DEL 95 バーのパターン
96 FNC 3 FNC 3 96 バーのパターン
97 FNC 2 FNC 2 97 バーのパターン
98 SHIFT SHIFT 98 バーのパターン
99 CODE C CODE C 99 バーのパターン
100 CODE B FNC 4 CODE B バーのパターン
101 FNC 4 CODE A CODE A バーのパターン
102 FNC 1 FNC 1 FNC 1 バーのパターン
103 START(CODE A) バーのパターン
104 START(CODE B) バーのパターン
105 START(CODE C) バーのパターン
STOP バーのパターン

バーコード講座 トップへ戻る

関連お役立ち資料
バーコードで
医療過誤を防止!
医療ミスを起こさないために!!ハンディターミナルを活用した患者認証システム
PDFダウンロード
食品・薬品・化粧品業界
バーコード活用術
食品・薬品・化粧品業界 バーコード活用術
PDFダウンロード
棚卸し業務改善
ハンディターミナル BTシリーズ 棚卸し業務改善
PDFダウンロード