2次元コードリーダの読み取り原理

2次元コードリーダの読み取り原理

2次元コードリーダは、一般的に撮像した画像から2次元コードを抽出しデコード処理をおこないます。このとき撮像した画像は、そのまま撮像した画像(グレー画像)からコードを抽出するための2値化画像に変換する処理をおこないます。この2値化処理した画像で正しくコードが認識できなければ、正しくコード読み取りができません。

①撮像画像 ②グレー画像 ③2値化画像 結果
最適な画像
撮像画像
グレー画像
2進化画像
読み取り成功
データ取得
明るすぎた画像
撮像画像
グレー画像
2進化画像
読み取り失敗
データ取得失敗

① LEDより発光した照明光を対象となるコードに当て、CMOSセンサ等を使用して撮像します。

② 撮像した画像を取り込みます。グレー画像となっています。

グレー画像とは… いわゆる「白黒画像」です。白、灰色、黒のなだらかな明るさで表示するため、2値化画像と区別し、画像処理ではこのように呼びます。

③ グレー画像を2値化画像に変換します。

④ コードの規格に従ってデコードをおこないます。得られた情報をRS-232C通信やEthernet通信で出力します。

②図のように、グレー画像でコードがどのように撮像されているかにより、2値化画像が大きく変化してしまうことがわかります。人の目には問題無く認識できる印字状態であっても、2次元コードリーダでは、照明の当たり方、印字ワークの表面状態、カメラの設定条件により、正しく2次元コードが認識できない状態となります。

バーコード講座 トップへ戻る

関連お役立ち資料
固定式コードリーダ 導入事例集 [電子デバイス業界編]
固定式コードリーダ 導入事例集 [電子デバイス業界編]
PDFダウンロード
KAIZEN事例集 コードリーダのコスト改善・省力化 偏光フィルタ編
KAIZEN事例集 コードリーダのコスト改善・省力化 偏光フィルタ編
PDFダウンロード
ハンディターミナルのキホンVol.1
ハンディターミナルのキホン Vol.1
PDFダウンロード