ITF

ITFとは

ITFは、インターリーブド2of5(Interleaved Two of Five)の略で、主に段ボールに印刷されている物流商品コード用のバーコードとして利用されているコードです。
2of5と呼ばれるコードには下のようにいくつかの種類があり、それら全て、5本のバー(スペース)のうち2本が太バー(太スペース)という構成(2of5)で一つのキャラクタ(数字)を表しています。
構成は類似していますが、全く別のコードです。

2of5ファミリー
インターリーブド2of5(ITF)
本章で詳しく解説します。
インダストリアル2of5
以前工業用として使われていたが、バーにしか情報を持たせていないため、サイズが大きく、現在はあまり使われていない。物流管理用として一部使われている。
マトリクス2of5
インダストリアル2of5と違い、バー、スペースどちらにも情報を持たせている。
COOP2of5
生協で使われているコード。生協コードとも呼ばれている。
IATA
IATA(国際航空輸送協会)が航空貨物の管理用などで使用しているコード。

ITFの構成

  • 5本のバー(スペース)で1文字を表わします。(5本の内2本が太いので、2of5という)
  • ITFは下のようにバーで表わしたキャラクタの間にスペースで表わしたキャラクタをはさみ込んだ形になっています。
    (Interleaved:~と~の間に)
ITFの構成
キャラクタ バーのパターン
START バーのパターン
2 バーのパターン
3 バーのパターン
5バーのパターン
8バーのパターン
STOPバーのパターン
  • 1文字目は、バー5本で表わし、2文字目はスペース5本で表わすという構成となっているため必ず偶数桁になります。
    (「ITFの5桁」という使い方はありません)
  • バー、スペースどちらにも情報を持たせているため、非常に密度の高い構成になっています。
  • スタート/ストップキャラクタはないが、スタートとストップを表わすバーパターンがあります。

ITFのキャラクタ構成

ITFは下表のような構成で作られています。表わすことができるキャラクタは、数値(0 ~ 9)のみです。

キャラクタ バーのパターン
START バーのパターン
0 バーのパターン
1 バーのパターン
2 バーのパターン
3 バーのパターン
4 バーのパターン
5 バーのパターン
6 バーのパターン
7 バーのパターン
8 バーのパターン
9 バーのパターン
STOP バーのパターン

ITFの特徴

ITFは、非常に情報密度が高いバーコードであるため、以下のような特徴を持っています。

  • 同じ桁数なら、他のコードに比べ、バーコードの大きさを小さくできる。
    つまり、狭いスペースにバーコードを付けたい場合に有効です。
  • 同じサイズなら、他のコードに比べ、情報をより多く入れることができる。(桁数を多くできる。)
  • 同じサイズ、桁数ならば、バーコードのバー幅を大きくすることができる。
    バー幅が広くなれば、バーコードリーダが非常に読みやすくなり、長距離にも対応できるようになります。
バーコードの長さ比較
同じナローバー幅、同じ情報量で、それぞれのコードの種類におけるバーコードの長さを比較したものです。ITFが最も小さくなります。(バイナリレベルのバーコードで比較)
  • ITF

    ITF

  • CODE39

    CODE39

  • NW-7

    NW-7

ITFの使われ方

  • 小さなスペースにより多くの情報を盛り込みたい場合に使用されます。
  • 段ボール箱に印刷される物流商品コードに使用されています。詳しくは「物流商品コード」の項目で説明します。

ITFの問題点

ITFコードは、非常にメリットの多いバーコードですが、その構成上、「桁落ち」が発生しやすいという問題点を持っています。
桁落ちとは、「3852」という内容のバーコードを、「38」と桁を落として読んでしまう現象です。

ITFの問題点

レーザが右のように斜めにスキャンした場合、「38」と読んでしまいます。

ITFを使用する場合、「桁落ち」を防ぐため、ある決まった桁数以外、読まなくする「桁指定」をバーコードリーダ側で設定する必要があります。

その他の2of5コード

ITF(インターリーブド2of5)の仲間である「COOP2of5」と「インダストリアル2of5」をご紹介します。

COOP2of5

COOP2of5は、生協で使用していることから、この名前が付いています。
通常このコードは、生協に納品される商品が入っている段ボール箱に印刷されており、商品の検品作業の際に利用されます。
COOP2of5のバー構成 は以下のようになっています。

COOP2of5
キャラクタ バーのパターン
START バーのパターン
0 バーのパターン
1 バーのパターン
2 バーのパターン
3 バーのパターン
4 バーのパターン
5 バーのパターン
6 バーのパターン
7 バーのパターン
8 バーのパターン
9 バーのパターン
STOP バーのパターン

インダストリアル2of5

もともと工業用として使用されていましたが、現在ではほとんど使われていません。
物流用途で一部使用されているところもあるようです。
インダストリアル2of5のバー構成は、以下のように、5本のバーで1文字を表わし、スペースには情報を持たせてありません。
よって、情報密度が非常に低い構成となっています。

インダストリアル2of5
キャラクタ バーのパターン
START バーのパターン
0 バーのパターン
1 バーのパターン
2 バーのパターン
3 バーのパターン
4 バーのパターン
5 バーのパターン
6 バーのパターン
7 バーのパターン
8 バーのパターン
9 バーのパターン
STOP バーのパターン

バーコード講座 トップへ戻る

関連お役立ち資料
すぐできる
入出庫管理
ハンディターミナル BTシリーズ すぐできる入出庫管理
PDFダウンロード
ハンディターミナル 総合カタログ
ハンディターミナル 総合カタログ
カタログで詳しく見る
食品・薬品・化粧品業界
バーコード活用術
食品・薬品・化粧品業界 バーコード活用術
PDFダウンロード