カメラ内蔵レーザー変位センサの用途事例

カメラ内蔵レーザー変位センサはどのような場面で使われているのでしょうか。ここでは、自動車部品の浮きや高さ、同色系部品の有無検査など、カメラ内蔵レーザー変位センサの用途事例についてご紹介します。

自動車部品のボルト浮きとネジ高さ判別

ボルトがしっかりと締め付けられているか、抜けがないかを1台で判別します。IXシリーズなら、108.5×81mmの視野範囲内なら16箇所まで同時に測定可能です。複数台必要だった検出も1台で賄えます。

不織布の有無判別

同色系の部品有無もレーザーでの測定なら用意に可能です。
従来ならカメラで照明の角度を考えて検査していたところが、IXシリーズなら簡単かつローコストに解決できます。

センサとは.com トップへ戻る

実際の商品については、こちらをご覧ください。

IXシリーズ

位置がズレても
どこの場所でも
”高さ”で判別

カタログで詳しく見る