画像判別センサの特徴

画像判別センサは、1台のセンサで出来ることが多く自由度も高いことは説明しました。ここではその特徴の内の一つ「面」での検出について解説します。

「点」ではなく「面」で検出ができます。その特徴から、例えば複数のポイントを1つのセンサでまとめて検出することも可能です。

Case-1成形品の型残り検出
成形品の型残り検出
Case-2コネクタのピン折れ確認
コネクタのピン折れ確認

撮影した画像に対して様々なツールを同時に使用できるため

  • 検出対象物が複数
  • 判別したい内容が複数
  • 検出対象物が切り替わる

といった内容もセンサ一つで解決。
また、ツールを後から追加出来るので、状況の変化に対しても簡単な設定で追従可能。

センサとは.com トップへ戻る

IV2シリーズ

AI搭載
誰でも使える
画像判別センサ

カタログで詳しく見る
IXシリーズ

位置がズレても
どこの場所でも
”高さ”で判別

カタログで詳しく見る