ファイバセンサのトラブル対策汚れ・ホコリの影響を防ぐ

汚れ・ホコリの影響とは?

センサの検出面に汚れやホコリ、水などが付着すると、ワークが無いのに出力することがあります。

汚れ・ホコリの影響とは?

対策

  • 〈透過型/回帰反射型の場合〉
    設定値を下げ、しゃ光されても出力しないようにします。また、アンプでパワーを調整出来る場合はパワーを上げます。

    対策1
    対策1

参考

ファイバセンサの中には、センサの検出面が汚れてきた場合に設定値を自動補正して常に一定の比率に保つことができるものもあります。

受光量
FS-N40シリーズ

センサとは.com トップへ戻る

正確に動作させるための
対策や選定例をご紹介

ファイバセンサ トラブル回避のための選定と対策

ダウンロード
FS-N40シリーズ

視認性・操作性
・検出安定性に
こだわった新型ファイバセンサ

カタログで詳しく見る