レーザセンサ受光量判別型の概要

一言にセンサといっても、多種多様であり、それぞれに得意・不得意があります。この章では、レーザセンサ受光量判別型について詳しく解説します。

レーザセンサ受光量判別型とは

レーザセンサは、投光素子として直進性のある"レーザ"を採用したセンサです。スポットが見えるため、光軸合わせや検出位置の特定が容易になります。また光が拡がらないため光の回り込みなどを気にせず設置できます。

原理と主な種類

原理と主な種類

投光器の発光素子(レーザ)により発光し、受光器の受光素子により受光します。

反射型

反射型

透過型

透過型

回帰反射型

回帰反射型

センサとは.com トップへ戻る

センサに迷ったら
本サイトの内容をお手元に

原理と特徴から最適なセンサ選定をサポート

ダウンロード
LR-Zシリーズ

反射型で
あらゆる色・形状のワークを安定検出

カタログで詳しく見る