近接センサの分類とタイプによる違い

分類

汎用タイプ

種類 アンプ内蔵 アンプ中継 アンプ分離
型式 EV,EZ EM ES
感度調整 無し 無し 有り
ヘッドサイズ ヘッドサイズ ヘッドサイズ
精度 精度 精度

アルミ検出タイプ

種類 アンプ内蔵
型式 ED
鉄の検出 可能(詳細は特性図)
感度調整 無し

分類1

アンプ内蔵型(EV、EZ、ED)

  • 電源を入れるだけで使用可。(省配線)
  • 感度調整不可
アンプ内蔵型(EV、EZ、ED)

アンプ中継型(EM)

  • 電源を入れるだけで使用可。(省配線)
  • センサヘッド部、アンプ部ともに小型
  • 感度調整不可
アンプ中継型(EM)

アンプ分離型(ES)

  • センサヘッド部が小型(ただし、アンプとヘッドの配線が必要)
  • アンプ内蔵型に比べ検出距離が長い
  • 感度調整トリマで微妙な調整ができ、高精度検出が可能
アンプ分離型(ES)

分類2

シールドタイプ

シールドタイプ

検出コイルの側面が金属でおおわれているタイプです。金属中に埋め込んで使用することができます。(EM シリーズを除く)

非シールドタイプ

非シールドタイプ

検出コイルの側面が金属でおおわれていないタイプです。シールドタイプに比べて検出距離が長くとれます。しかし、周囲金属の影響を受けやすいため、取り付け場所に注意が必要です。

まとめ

本章では、近接センサの概要から特徴、分類とタイプによる違いまで詳しく紹介してきました。まとめると以下の通りです。

  • ・近接センサは、非接触で検出物体が近づいたことを検出するセンサ
  • ・汎用タイプとアルミ検出タイプに分類される
  • ・検出体は金属のみ

センサにはこの他にもさまざまな種類があり、それらの特徴を知って正しく選定することが大切です。
本章に記載した内容や、他の章でも紹介しているセンサの特徴を1冊にまとめた資料は、下記よりダウンロードしていただけます。ラインナップカタログと併せてご覧ください。

センサとは.com トップへ戻る

センサに迷ったら
本サイトの内容をお手元に

原理と特徴から最適なセンサ選定をサポート

ダウンロード
EX-Vシリーズ

油・埃が
飛散する悪環境でも高精度に安定検出

カタログで詳しく見る