レーザセンサ受光量判別型のトラブル対策汚れ・ホコリの影響を防ぐ(透過/回帰反射/反射/距離設定型)

汚れ・ホコリの影響とは?

センサの検出面に汚れやホコリが付着すると、ワークが無いのに出力することがあります。

汚れ・ホコリの影響とは?

選定と対策

  • 〈透過型/回帰反射型の場合〉
    多少のホコリなどで誤検出をしない、ハイパワーのタイプを選定します。

    選定と対策1
  • 〈反射型の場合〉
    あらかじめ投光部と受光部が離れているタイプを選択します。
    至近距離における汚れやホコリなどからの拡散反射の影響が緩和されます。

    選定と対策2
  • アンプ分離型を選定し、受光量をデジタルで見つつ、2出力信号を使用して「一つはワーク検出用」「もう一つは受光量低下検知用」等とすれば、予知保全が可能です。

    選定と対策3

参考

レーザセンサの中には、センサの検出面が汚れてきた場合に設定値を自動補正して常に一定の比率に保つことができるものもあります。

受光量による設定値LV-Nシリーズ

センサとは.com トップへ戻る

正確に動作させるための
対策や選定例をご紹介

レーザセンサ トラブル回避のための選定と対策

ダウンロード
LR-Zシリーズ

反射型で
あらゆる色・形状のワークを安定検出

カタログで詳しく見る