シャッタースピードの考え方高速シャッター使用時の注意点

シャッタースピードを上げると露光時間が短くなり、絞りを開くケースが多いのですが、ここに落とし穴があります。
実は、絞りを開けると被写界深度(ピントの合う範囲)が小さくなります。例えばシートの異物検査でシートが上下するような場合では特に注意が必要です。最悪の場合は、シートの上下によりピントが甘くなり、検出に影響を与えます。

高速シャッター使用時の注意点

高速ラインでの検査を成功させるための絵作りのポイント

3つの要素のバランスをうまく取ることが重要

  1. 1.シャッタースピードを決め、
  2. 2.絞りを考慮し、
  3. 3.照明で必要光量を決める

という考え方が、最も安定する一般的なセッティング方法です。

3つの要素のバランスをうまく取ることが重要です。

現場で使える外観検査設定方法 まとめ

インラインにおける外観検査の最適な設定方法を決めるには以下の点を覚えてください。

  1. 1.まず検査すべき最小検出サイズを決める。基本的には視野内の2画素角以上を基準とする。
  2. 2.1の最小検出サイズを基準として、対応可能なワークスピードを求める。
    ラインの動きによって、間欠送りなら画像センサの処理速度を求める。
    連続送りならシャッタースピードを求めた上で、画像センサの処理速度を求める。
  3. 3.高速ラインでの絵作りでは、シャッタースピード・照明の明るさ・レンズの絞りに注意して、最適な撮像をする。

画像処理.comトップへ戻る

画像処理を学ぶ
画像処理とは(ハード編)
CCD(画素)と画像処理の基礎
レンズ選定の基礎
照明選定の基礎
カラーカメラの効果と前処理について
画像処理とは(ソフト編)
外観検査の基礎
寸法検査の基礎
位置検出の基礎
位置補正について
前処理フィルタについて
画像処理実践の基礎
処理速度の考え方
最小検出体の考え方
シャッタースピードの考え方
画像処理理解度テスト
画像処理理解度テスト 1
画像処理理解度テスト 2
画像処理理解度テスト 3
画像処理システムの用途
有無検査(数量・欠品)
外観検査(異物・傷・欠陥)
寸法測定
位置決め・アライメント
文字検査・OCR
3次元検査(体積・高さ)
ロボットビジョン
業界別 画像処理システム導入事例
自動車業界
画像センサ導入事例(代表事例)
画像センサ導入事例(その他)
食品・医薬品業界
画像センサ導入事例(代表事例)
画像センサ導入事例(その他)
電子デバイス業界
画像センサ導入事例(代表事例)
画像センサ導入事例(その他)
液晶半導体業界
事例
樹脂・容器業界
事例
日用品業界
事例
画像処理システム選定のポイント
目的に合ったカメラの選定
目的に合ったレンズ・照明の選定
検出判断(検出可否確認)の手順
選定のポイント【価格編】
画像処理システム導入のメリット
生産タクト・装置タクト向上がもたらす収益改善
信頼を伴う省力化がもたらす収益改善
「見える化」、早期源流対策がもたらす収益改善
導入・メンテナンス効率向上がもたらす収益改善
最適な機器選定とスピード導入による収益改善
「最短トラブル復旧」による収益改善
画像処理にまつわる歴史
カメラ編
レンズ編
照明編
FA編
トレーサビリティ編
クイック価格お問い合わせ