日用品業界における画像センサ導入事例(その他事例)

画像センサは樹脂・容器業界のさまざまな検査工程で導入されています

画像センサは樹脂・容器業界のさまざまな検査工程で導入されています

コピーローラー側面の外観検査を行います。従来のエリアカメラでは、すべての側面を検査するために数回の撮像が必要でした。さらに照明ムラも発生しやすく、外観検査の精度が低いという問題がありました。

ラインスキャンカメラを用いれば、円柱側面全周分の画像を1度の撮像で取得できます。また照明ムラも発生せず、より鮮明な画像で検査が可能です。また、エリアカメラでは曲面部分などの文字やコードが読み取れないといった問題もありましたが、ラインスキャンカメラであれば鮮明な画像を取得できます。XG-X/CV-Xシリーズは、エリアカメラやラインスキャンカメラなどを同時接続でき、同じように扱えるので導入の手間もありません。

OA機器部品の外観検査
【使用機種】XG-X/CV-Xシリーズ

オムツ側面部の外観検査を行います。エリアカメラで検査する場合、範囲が広く複数のカメラを設置する必要がありました。さらにすべてのエリアカメラで同様の照明条件になるように調整する必要があり、設置のコストや手間がかかっていました。

ラインスキャンカメラを用いれば、1台のカメラと照明で鮮明な画像が取得できます。ラインスキャンカメラは1台で広範囲の検査ができ、照明ムラが生じにくいというメリットがあります。照明も通常のバー照明のみで検査が可能。これにより、導入におけるコストや設置スペースの問題も解決します。XG-X/CV-Xシリーズは、エリアカメラとラインスキャンカメラの同時接続に対応し、同様に使えるので手間もかかりません。

オムツの側面部外観検査
【使用機種】XG-X/CV-Xシリーズ

オムツや生理用品など不織布製品に付着した異物や汚れを画像センサで検出します。従来の画像センサは、ワークの凹凸の影響を受けたり、低コントラストだと異物や汚れなどが検出できなかったりしました。

XG-X/CV-Xシリーズの傷検査モードを利用すれば、オムツや生理用品の異物・汚れ検査も簡単に行えます。リアルタイム濃淡フィルタ処理を利用すれば、ワーク表面の陰影を除去でき、異物や汚れのみを検出可能です。

オムツやサニタリー用品など不織布製品の異物・汚れ検査
【使用機種】XG-X/CV-Xシリーズ

洗剤ラベルの貼り付け不良を検査します。従来の画像センサでは、ラベルの有無などは判別できましたが、ズレなどを正確に判別することが困難でした。この事例の場合は、製品公差の影響で大きな不良しか発見できず、微小な欠陥が発見できないという問題点がありました。

XG-X/CV-Xシリーズのトレンドエッジ欠陥モードであれば、ラベル端面の理想直線から乖離した微小な欠陥も安定して検出可能です。

洗剤ラベル不良検査
【使用機種】XG-X/CV-Xシリーズ

画像処理.comトップへ戻る

画像センサを学ぶ
ハード編
CCD(画素)と画像処理の基礎
レンズ選定の基礎
照明選定の基礎
カラーカメラの効果と前処理について
ソフト編
外観検査の基礎
寸法検査の基礎
位置検出の基礎
位置補正について
前処理フィルタについて
実践編
処理速度の考え方
最小検出体の考え方
シャッタースピードの考え方
理解度チェック
画像処理理解度テスト 1
画像処理理解度テスト 2
画像処理理解度テスト 3
画像センサの用途
有無検査(数量・欠品)
外観検査(異物・傷・欠陥)
寸法測定
位置決め・アライメント
文字検査・OCR
3次元検査(体積・高さ)
ロボットビジョン
業界別導入事例
自動車業界
画像センサ導入事例(代表事例)
画像センサ導入事例(その他)
食品・医薬品業界
画像センサ導入事例(代表事例)
画像センサ導入事例(その他)
電子デバイス業界
画像センサ導入事例(代表事例)
画像センサ導入事例(その他)
液晶半導体業界
事例
樹脂・容器業界
事例
日用品業界
事例
選定のポイント
目的に合ったカメラの選定
目的に合ったレンズ・照明の選定
検査仕様にあわせた機器の選定
選定のポイント【価格編】
導入のメリット
生産タクト・装置タクト向上がもたらす収益改善
信頼を伴う省力化がもたらす収益改善
「見える化」、早期源流対策がもたらす収益改善
導入・メンテナンス効率向上がもたらす収益改善
最適な機器選定とスピード導入による収益改善
「最短トラブル復旧」による収益改善
画像センサにまつわる歴史
カメラ編
レンズ編
照明編
FA編
トレーサビリティ編
クイック価格お問い合わせ