パソコン・基板

パソコン・基板のネットワーク接続のイメージやキーエンス製EthernetユニットKV-XLE02を使用した接続事例についてご紹介します。

ネットワークのイメージ

パソコン・基板をネットワークに接続する場合、Ethernetや各社対応のオープンネットワークで接続します。

ネットワークのイメージ
  • PLC、パソコン・基板に各種ネットワーク対応のユニット、もしくはインターフェースが必要です。

キーエンス製 Ethernetユニットの紹介

パソコン・基板の多くは、Ethernet通信に対応しています。キーエンス製EthernetユニットKV-XLE02と、Ethernet通信設定ソフトPROTOCOL STUDIOを使用すると、パソコン・基板などの機器と簡単に通信できます。

EthernetユニットKV-XLE02

  • KV-XLE02
  • EtherNet/IP™、EtherCAT、CC-Link IE Field、PROFINET
ハード
Ethernet
通信速度 1Gbps
2Port
機能
EtherNet/IP™
EtherCAT※1
CC-Link IE
Field※2
PROFINET※3
PLCリンク
PROTOCOL STUDIO
センサ
アプリケーション
Modbus/TCP
クライアント/サーバ
FTPクライアント
FTPサーバ
KVソケット
上位リンク
MCプロトコル/SLMP
メール送受信
ユニット割り込み
ユニット間同期
  • スレーブ
  • インテリジェントデバイス局
  • デバイス

多種多様な機器との通信プロトコル作成をサポートPROTOCOL STUDIO

完全ラダーレスで機器との通信を実現

  • 通信フォーマットや通信コマンド設定はツール上で選択するだけ
  • 通信スケジュールはユニット内部で自動調整
  • 送受信処理はフロー形式で並べるだけ
  • シリアル通信にも対応KV-XL202/XL402使用時

代表的な接続事例

各種ネットワークに接続することで、パソコン・基板のさまざまな情報を集約・管理できます。これにより、段取り替えや生産管理などのシステムを構築できます。

パソコン・基板をネットワークに接続した、接続事例をご紹介します。

製品の加工条件や生産情報をEthernetで一括管理。

装置制御に使用されているパソコンや基板とEthernet通信で接続することで、加工条件や生産情報などの読み出しや変更が一括で行なえます。さらに、上位のパソコンへFTP形式でデータをアップロードすることで製品情報のトレーサビリティに活用できます。

製品の加工条件や生産情報をEthernetで一括管理

接続.com トップへ戻る

関連サイト
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開