ステッピングモータ

キーエンス製ステッピングモータのラインナップや対応ネットワーク、接続事例についてご紹介します。

ステッピングモータ ラインナップ

接続のイメージ

モータドライバは、Modbus通信ユニットQS-MB1を使用して接続します。QS-MB1が対応しているインターフェースはRS-485です。

  • 異なるタイプ(QS-10N位置決め内蔵専用タイプ、QS-10Pパルス列入力専用タイプ、QS-10H位置決め内蔵汎用タイプ)を混在して接続できます。
  • 1台の通信ユニットに最大8軸まで接続できます。
Modbus通信ユニットQS-MB1

ネットワークのイメージ

ネットワークのイメージ
  • PLC、パソコンにRS-485対応のユニット、もしくはボードが必要です。

対応ネットワーク

シリーズ 通信機能
Ethernet
TCP/IP
RS-232C
RS-422A/485
ステッピングモータQSシリーズ
通信機能
-

RS-485
(QS-MB1)

代表的な接続事例

ネットワークに接続することで、ステッピングモータのさまざまな情報を集約・管理できます。これにより、状態監視・予知保全・段取り替えなどが実現できます。

QSシリーズをネットワークに接続した、接続事例をご紹介します。

高速性と利便性の両立。

I/O・パルス列での接続とModbus通信での接続を併用します。I/O・パルス列でQSシリーズを高速で制御しつつ、Modbus通信で現在位置のモニタや設定値の変更を行います。

高速性と利便性の両立

接続.com トップへ戻る

関連サイト
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開