サーボモータ

キーエンス製サーボモータのラインナップや対応ネットワーク、接続事例についてご紹介します。

サーボモータ ラインナップ

接続のイメージ

サーボアンプ前面の通信ポートに専用ケーブルで接続します。

SV2シリーズはMECHATROLINKインターフェースを2ポート備えており、複数のサーボアンプを接続する場合は数珠つなぎに接続します。また、通信ポートはRJ45コネクタとなっており、MECHATROLINK-III対応のEthernetケーブルを使用して接続します。

(例)SV2シリーズ
(例)SV2シリーズ

ネットワークのイメージ

ネットワークのイメージ

サーボモータ以外にも、各ネットワーク対応のアクチュエータやリモートI/Oなどを混在して接続できます。

  • PLCに各ネットワーク対応のユニットが必要です。

対応ネットワーク

シリーズ フィールドネットワーク その他通信機能
MECHATROLINK-III MECHATROLINK-II Ethernet
TCP/IP
RS-232C
RS-422A/
485
サーボモータ
SV2シリーズ
フィールドネットワーク
-
その他通信機能
-
-
サーボモータ
SVシリーズ
フィールドネットワーク
-
その他通信機能
-
-

代表的な接続事例

ネットワークに接続することで、サーボモータのさまざまな情報を集約・管理できます。これにより、破損時などもモータアンプを変更するだけで復旧できます。

位置決め・モーションユニットKV-XH16MLを使用して、SV2シリーズと接続した、接続事例をご紹介します。

位置決めとトルクの複合制御で"品質向上"。

従来、位置制御+トルク制限で制御した場合、目標座標の調整や位置偏差の処理が必要で、トルクの調整も大変でした。KVシリーズと組み合わせて使用した場合、位置制御+トルク制御の連続動作ができるので、手間だけでなく品質も向上できます。

位置決めとトルクの複合制御で"品質向上"

接続.com トップへ戻る

関連サイト
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開