PROFIBUS

ここではPROFIBUSについて説明します。

概要

PROFIBUSとは1989年にドイツで開発されたネットワークであり、PROFIBUS & PROFINET Internationalにより管理されています(日本では、日本プロフィバス協会が普及に取り組んでいます)。PROFIBUSにはファクトリーオートメーション向けのPROFIBUS-DPとPROFIBUS-PAの2種類があります。

配線方法と通信プロトコル

配線方法

汎用的なRS-485をベースにしており、伝送速度は9600bps~12Mbpsに対応します。マスタに対して最大で126台のノードと接続でき、STP(シールド付ツイストペア)ケーブルと光ファイバーケーブルなどを使用して配線できます。

通信プロトコル

PROFIBUSではネットワーク上に複数のマスタが存在することを許容しており、トークンパッシング方式とマスタ・スレーブ方式を組み合わせたハイブリッド方式で通信されています。PROFIBUS-DPでは、当初のPROFIBUS-DPV0から、サイクリック通信とメッセージ通信に対応したPROFIBUS-DPV1、モーション制御用ネットワークとして機能拡張したPROFIBUS-DPV2も開発されています。

特徴

PROFIBUS-DPはトークンパッシング方式とマスタ・スレーブ方式を組み合わせたハイブリッド方式で送受信を行ないます。トークンを持っていないマスタからはコマンドを送信できないため、どのタイミングでも送信できるマスタはネットワーク内で1台のみという状態を実現できます。

関連するネットワーク

PROFINET

配線方法をイーサネットベースにしたネットワークです。

  • 記載されている会社名、製品名、ネットワーク名称などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • 内容の一部(規格、仕様など)については記載当時から変更されている場合がありますのでご注意ください。

2015年11月

接続.com トップへ戻る

関連サイト
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開