画像センサ

キーエンス製画像センサのラインナップや対応ネットワーク、接続事例についてご紹介します。

画像センサ ラインナップ

通信ユニット

接続のイメージ

XG-X、XG-8000、XG-7000、CV-X、CV-5000シリーズをEtherNet/IP™、PROFINET、RS-232Cで接続する場合、コントローラ本体に搭載されている通信インターフェースを使用します。CC-Linkで接続する場合、通信ユニットを使用して接続します。

IVシリーズをEtherNet/IP™、PROFINETに接続する場合、専用ケーブルを使用します。

(例)XG-Xシリーズ
XG-Xシリーズ

ネットワークのイメージ

ネットワークのイメージ
  • PLC、パソコンに各ネットワーク対応のユニット、もしくはボードが必要です。
  • RS-232Cで接続する場合、1:1接続になります。

対応ネットワーク

シリーズ フィールドネットワーク その他通信機能
EtherNet
/IP™
CC-Link PROFI
NET
Ethernet
TCP/IP※
RS-232C※
RS-422A
/485
画像処理システム
XG-Xシリーズ
フィールドネットワーク

(CA-NCL20E)
その他通信機能

RS-232C
画像処理システム
XG-8000シリーズ
フィールドネットワーク

(CA-NCL10E)
その他通信機能

RS-232C
画像処理システム
XG-7000シリーズ
フィールドネットワーク

(CA-NCL10E)
その他通信機能

RS-232C
画像処理センサ
CV-Xシリーズ
フィールドネットワーク
-
その他通信機能

RS-232C
画像処理センサ
CV-5000シリーズ
フィールドネットワーク

(CA-NCL10E)
-
その他通信機能

RS-232C
AI搭載画像判別センサ
IV2シリーズ
フィールドネットワーク
-
-
その他通信機能
-
-
画像判別センサ
IVシリーズ
フィールドネットワーク
-
その他通信機能
-
-

各社製PLCに対して、RS-232C/Ethernet経由のPLCリンク接続が使用できます。

代表的な接続事例

各種ネットワークに接続することで、画像センサのさまざまな情報を集約・管理できます。これにより、画像の履歴保存・PLCによる演算・段取り替え・生産管理などの情報システムを構築できます。

画像センサをネットワークに接続した、接続事例をご紹介します。

周辺機器制御をPLCで一元管理&段取り替え。

ネットワークで接続されたパソコンの段取り替え情報や、画像センサの計測結果をPLCで集約し、アライメントを実施します。ワークの位置に応じた、基板位置の調整や、タッチパネルからの接着剤の塗布量変更など、周辺制御をサポートします。

周辺機器制御をPLCで一元管理&段取り替え

接続.com トップへ戻る

関連サイト
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開
現場に合ったIoTを。IoTソリューションサイト公開