公差記入枠について

幾何公差は「公差記入枠」で指示します。公差記入枠には、以下の要素を記入します。

公差記入枠
a
幾何特性記号
幾何公差の種類を記入する。
b
直径の記号(必要時)
記入が必要な幾何特性は以下の通り。
2次元平面上の円の中の領域:位置度同心度
3次元空間上の円柱の中の領域:真直度平行度直角度傾斜度、位置度、同軸度
3次元空間上の球体の中の領域:位置度
c
幾何公差値
公差の値。単位は「mm (ミリメートル) 」。
d
実体公差・共通公差領域など
主なものとしては、「最大実体公差)」や「最小実体公差)」、「CZ (共通公差領域:Common Zone) 」など。その他、など。
e
優先データム
設計者が優先して基準にしたい部分をデータムとして指定する。複数のデータムを指示する場合は、左から右へ優先順位が高い順に記入する。
一般に、設計者は優先度が高い順にデータムのアルファベットを決めるため、通常はアルファベットの順に優先度が高くなる。

ゼロからわかる幾何公差 トップへ戻る