面の輪郭度の測定

デザインのある部品の「曲面(表面)などがデザインした通りにできているか」を指定する面の輪郭度を測定します。
面の輪郭度の測定は、線の輪郭度と違って指定曲面全体が対象になります。

図面例

面の輪郭度の測定

形状測定機による測定

形状測定機による測定
a
対象物
b
形状測定機

スタイラスを対象物の測定始点に当て、測定の長さを指定して測定します。
測定データと測定機に読み込ませた理論的に正しいデータを使用して解析し、P/V値(理論的に正しい形状に対する最大値と最小値および標準偏差σ値)を出力することができます。

問題点

スタイラスの可動域が限られているため、対象物が大きい場合、測定が困難です。
また、入り組んだ位置にある測定ポイントでは、スタイラスが入らないため測定できません。
さらに、スタイラスの荷重(測定圧)による測定面の変形が原因で、測定結果に誤差が出る場合があります。

三次元測定機による測定

三次元測定機による測定
a
対象物
b
定盤

スタイラスのポジションを変えることで、さまざまな角度や位置からの測定が可能です。
また、測定ポイントにスタイラスを軽く当てるだけなので、スタイラスの荷重(測定圧)による測定面の変形の心配はありません。
これにより、すばやく高精度で、安定した測定が可能です。

測定画面
測定画面
a
輪郭度の測定結果

ゼロからわかる幾何公差 トップへ戻る