測定機

真円度測定機

真円度測定機

真直度真円度円筒度平行度直角度同軸度円周振れ全振れを測定することができる測定機です。回転テーブルを持ったものが一般的で、スタイラス(接触子)を対象物に接触させることで、さまざまな幾何特性を測定することができます。

三次元測定機

形状公差から姿勢公差位置公差など、さまざまな幾何特性を測定することができます。

三次元測定機
a
移動ブリッジ
b
ステージ
c
トリガープローブ
d
制御部

接触式の三次元測定機は、対象物の測定点または線をプローブの先端についた球体のスタイラスで指定することで、三次元(X・Y・Z)上の座標値を検出します。検出した座標値の集まりから要素(直線・平面・円・球体など)を計算で求めるため、複雑な立体形状物の長さはもちろん、角度や各要素間の位置関係、輪郭形状、幾何偏差などを精密に測定することができます。

三次元測定機

これまでは据え置き型が主流でしたが、設置スペースや室温管理、測定機のサイズによる対象物のサイズの制限など多くの課題がありました。また、その操作方法も厳密で、測定者には高い熟練度が求められました。

しかし近年では、ハンディタイプのプローブを使ったコンパクトで移動可能な三次元測定機も開発され、据え置き型が抱えていた課題の多くが解消されています。

コラムColumn
最小二乗法について

測定するために必要な点を三次元測定機のスタイラスで指定しても、それらすべての点を通過する形状は、真の形状からカタチが崩れてしまうことがあります。このような場合は、測定後「最小二乗法」を指定します。

例えば円の場合、各測定点の径方向の偏差の二乗和が最小となる平均を求めて円を形成します。

測定点
測定点
最小二乗法が生成した形状(赤い線)
最小二乗法が生成した形状
(赤い線)

ゼロからわかる幾何公差 トップへ戻る