円筒度の測定

「まんまる」で「真っ直ぐさ」を指定する円筒度を測定します。どれくらい正確な円筒形であるべきか、円筒のゆがみを測定します。

図面例

円筒度の測定

真円度測定機による測定

真円度測定機による測定
a
対象物
b
定盤

真円度測定機の回転テーブルに対象物を載せ固定します。スタイラスを対象物に当てて回転テーブルを回転させ、各測定ポイントを測定します。
対象物が大きい場合はテーブルを固定し、スタイラスを回転・上下動させます。

問題点

スタイラスの可動域が限られているため、対象物が大きい場合、測定が困難です。
また、真円度や円筒度の測定に特化した測定器であるため、他の幾何特性の測定を行う場合は、別途対応可能な測定機を用意する必要があります。

三次元測定機による測定

三次元測定機による測定
a
対象物
b
定盤

ポイント測定で対象物の表面を4か所以上測れば完了です。
スタイラスのポジションを変えることで、さまざまな角度や位置からの測定が可能です。
また、三次元測定機は、1台でさまざまな幾何特性の測定に対応しています。

測定画面
測定画面
a
円筒度の測定結果

ゼロからわかる幾何公差 トップへ戻る