羽根車式流量計のトラブルと対策

水車のような羽根車を回転させる「羽根車式流量計(タービン流量計)」で発生しやすいトラブルとその対策方法は以下となります。詳しい原理や使用方法は羽根車式流量計を確認ください。

圧力損失

管内に可動部があるので、小流量の場合は圧力損失が発生します。圧力損失は計算から求めることもできますが、ポンプに負担をかける心配もあります。

解決事例:圧力損失解消(FD-Q/X/Rシリーズ)

クランプオン式は圧力損失ゼロ。そのため生産条件を変動させるリスクがありません。また、完全非接液なのでメンテナンス回数増加のリスクもありません。

従来あったリスク(羽根車式の場合)
従来あったリスク(羽根車式の場合)
  1. A: 圧損・可動部あり(流量減少・詰まり発生)
  2. B: 継目増加(液漏れ発生)
  3. C: 接液部あり(異物混入・液質変化)

可動部の詰まりや破損

羽根車式流量計は、構造上「スケール」「スラッジ」などが詰まりやすく、可動部があるので磨耗や破損のリスクがあります。このようなトラブルを防ぐには、定期的な清掃やメンテナンスが必要不可欠です。

流量知識.COM トップへ戻る