単独接続時の計測方法

電流計測(4-20mA)は、計測対象の4-20mA出力機器と4-20mA入力機器の接続形態によって計測方法が異なります。
ここでは、それぞれが1対1で接続(単独接続)している場合の計測方法を説明します。また、4-20mA入力計測器を使う方法と、シャント抵抗を使用して計測する方法があり、それぞれの方法の計測原理と選定のポイントも紹介します。

4-20mA入力を持つ計測器を使用する計測方法

4-20mA入力レンジを持つ計測器を使用する場合は、直接接続して計測できます。

配線

4-20mA入力を持つ計測器を使用する計測方法

選定のポイント

  • 「4-20mA出力の最大負荷抵抗>4-20mA入力の負荷抵抗」を満たしてください。満たせない場合は4-20mA出力回路が正しく動作できないため、計測誤差を生じます。

シャント抵抗を使用して電流→電圧変換する計測方法

電圧入力レンジを持つ計測器を使用する場合は、シャント抵抗を外付けで接続して電流→電圧変換することで計測できます。電流→電圧変換はオームの法則(E=I・R)によりシャント抵抗に流れる電流が電圧に変換されます。

配線

シャント抵抗を使用して電流→電圧変換する計測方法

選定のポイント

  • 「4-20mA出力の最大負荷抵抗>シャント抵抗の抵抗値」を満たしてください。満たせない場合は4-20mA出力回路が正しく動作できないため、計測誤差を生じます。
  • シャント抵抗選定の詳細は、「シャント抵抗の選定方法」を参照してください。

信号変換器を使用する計測方法

信号変換器を使用することで4-20mA出力を、電圧入力レンジを持つ計測器で計測できます。信号変換器のラインアップから最適な電圧出力レンジを選定できます。
また、絶縁タイプの信号変換器を使用すれば、計測器を絶縁できます。

配線

信号変換器を使用する計測方法

選定のポイント

  • 「4-20mA出力の最大負荷抵抗>信号変換器の負荷抵抗」を満たしてください。満たせない場合は4-20mA出力回路が正しく動作できないため、計測誤差を生じます。
  • 複数の計測対象を計測する時に、各CHのGND間に電位差が生じる時は、内部GND共通の計測器は使用できません。その場合は絶縁タイプの信号変換器を使用します。

計測器ラボ トップへ戻る