文字サイズ

温度レコーダーの基礎知識

温度レコーダの仕様

温度レコーダを選定する際は、温度レコーダの仕様の意味を理解する必要があります。ここでは温度レコーダの仕様の読み方について説明します。

チャンネル数

その温度レコーダが収集することが可能な点数(チャンネル数)を表します。

測定周期

アナログ信号の情報をサンプルする速さのことで、何秒ごとに1点サンプリングするかを示します。サンプリング周期とも呼びます。

A/D分解能

A/D変換を行うときの分解能です。通常bit数で表します。
16bitであればフルスケールの値を2の16乗(65536)分割した値が最小のA/D変換時の分解能となります。

入力種類

その温度レコーダに入力できる信号の種類を示します。

最大入力電圧(定格)

入力の+,-間に印加しても破損しない、最大の電圧値のことです。測定できる電圧値ではありません。

入力インピーダンス

入力インピーダンスとは温度レコーダの入力部に信号を入力した際の抵抗値を示します。

測定確度

温度レコーダの精度を示します。測定確度の表記にはFS:フルスケール(測定領域全範囲)とrdg:リーディング(読取値)の2種類の表現が用いられます。rdg表記の方が、精度が高いことが一般的です。
また、実際の測定確度として、シフト量を± ** digit( ** ℃ )と加算しているものが多くあります。

例)「±0.1% of FS」と「±0.1% of rdg」でレンジがK熱電対の場合に「100℃」を測定したときの測定確度(精度)を比較します。

  • 1.±0.1% of FS FS=1572℃
  • したがって測定確度は±0.1%×1572℃=±1.572℃
  • 2.±0.1% of rdg rdg(読み取り値)=100℃
  • したがって測定確度は±0.1%×100℃=±0.1℃

基準接点補償確度

熱電対を使用した温度計測を行う際に関わる精度のスペックです。
熱電対は異なる2種類の金属の接合部(測温接点)と温度レコーダ側の接点(基準接点)との温度差を計測し、そこに基準接点の温度を測定して加算して測温接点の温度を計測します。
基準接点補償確度は基準接点温度の精度を示します。

下記は一般的な温度レコーダの仕様表です。

仕様表

詳しくはこちら

温度データ収集時の信頼性

温度データ収集は長期にわたるケースが多いため、データ収集に対する信頼性は
温度レコーダ選定の大きなポイントになります。

予期せぬ電源OFF時の動作

電源の瞬低等、予期せぬトラブル(電源OFF)が発生したとき、それまで計測していたデータが消失してしまっては大変です。そのようなケースでも収集データを保護できる温度レコーダを選定します。

キーエンス NR-600 シリーズ

キーエンス NR-600 シリーズでは独自のアルゴリズムとスーパーキャパシタによるマイクロUPS回路が、計測データ保存の信頼性を大幅に向上させています。予期せぬ電源OFFが発生してもCFカードへのデータ保存処理を完了します。データの消失やファイルシステム破損の危険性を減らした、信頼性の高い設計です。

電源復帰時の動作

電源の切断トラブルなどで電源がOFFし、再び電源復帰したときに計測停止のままでは困ります。電源復帰時に自動で収集開始ができる温度レコーダを選定します。

電源復帰時の動作

キーエンス NR-600 シリーズでは電源ON自動スタート機能を装備しています。ONに設定すると、電源投入時に自動的に収集を開始します。

大容量メモリ

長期にわたる温度データの収集は、データ容量が膨大になりがちです。
大容量メモリを搭載した、あるいは外付けできる温度レコーダを選定します。

大容量メモリ

キーエンス NR-600 シリーズでは8GBの大容量CFメモリに対応しています。長時間の計測にもメモリの残量不足を気にせずにデータ収集できます。

サンプリング周期 サンプリング周波数 収集時間
1μs 1MHz 44分16秒
10μs 100kHz 7時間22分43秒
1ms 1kHz 30日と17時間53分
10ms 100Hz 307日と10時間52分
100ms 10Hz 3074日と12時間40分
1秒 1Hz 30745日と6時間48分

※チャンネル数は全て1CHで計算
※メモリカードは純正品をご使用ください

詳しくはこちら

温度データ収集後の処理方法

収集した温度データは必ず解析します。
計測機能だけでなく、レポートの作成のし易さなど、解析機能をどれだけ備えているかも大きな選定ポイントとなります。

簡単レポート作成

収集した温度データは解析用に、最後は必ずレポートにまとめます。レポート作成にはなるべく工数をかけず、データ解析に重きを置きたいものです。PCとの親和性が高い(レポート作成が簡単にできる)温度レコーダを選定します。

簡単レポート作成

キーエンス NR-600 シリーズではレポート作成に便利なExcelリアルタイム転送機能を装備しています。収集と同時に日ごろ活用しているExcelの定形フォーマットへ直接データを書き込みます。収集が終了すると自動的にレポートが作成されますのでデータ編集やレポート作成が簡単です。

詳しくはこちら

INDEX目次に戻る

温度について\もっと/知りたい方!熱電対や測温抵抗体で計測できない、動く物体、熱容量の小さい物体の温度計測テクニックをビギナーにもわかりやすく解説。 ご相談・お問い合わせはこちらから