ファイバーレーザーマーカー

レーザーマーキングとは?のページでは、レーザーマーキングの基本的な原理や特徴、加工例などをご紹介しました。
こちらのページでは、レーザーマーカーの中でも金属への黒色印字や深堀り用途に最適な「ファイバーレーザーマーカー」の印字事例や特徴、YVO4レーザーとの違いについてご説明します。

アプリケーション

ファイバーレーザーマーカー(波長:1,090nm)は、基本波長と呼ばれる波長帯に属し、金属・樹脂など幅広い材質に印字できます。特に、ハイパワーが必要な金属への黒色印字や深彫り印字に適しています。一方、ガラスなどの透明体は光が透過してしまうため、基本的に印字できません。

光波長分布図
アプリケーション
A
紫外域
B
可視域
C
赤外域
  • 深彫り(印字後塗装)
    深彫り(印字後塗装)
    (車体フレーム)
  • 黒色印字
    黒色印字
    (ベアリング)
  • 高速2次元コード印字
    高速2次元コード印字
    (エンジンブロック)
  • 削り印字
    削り印字
    (キーシリンダー)
  • 加工(カット)
    加工(カット)
    (アルミ板)
  • バリ取り(フレームIC)
    バリ取り(フレームIC)
    (左:処理前 右:処理後)

ファイバーレーザーの仕組みと特長

ファイバーレーザーとは、光ファイバーによる長距離通信の中継増幅の技術が高出力レーザーに発展したものです。レーザー光が光ファイバー内を進むことで効率よく増幅され、高出力レーザーを実現します。

ファイバーレーザーの仕組みと特長
A
励起光
B
レーザー
C
アウタークラッド
D
コア(Yb 添加)
E
インナークラッド
F
コントローラ
G
アンプ
H
マスター発振器
I
Qスイッチ
J
LD(シングルエミッター)
K
ヘッド

特長:ハイパワーマーキング

高出力レーザーにより、従来のレーザーマーカーと比べ「同じ印字時間であればより深く」「同じ彫り込み深さであればより速く」印字できます。印字時間を短縮したい、さらに彫り込んだ印字を行いたいといったニーズに対応します。

特長:ハイパワーマーキング
D
深さ
T
時間

※代表値です。ワークや印字条件により異なります。

YVO4レーザーとの違い

YVO4レーザーとの違い
A
YVO4 レーザー
B
パルス幅≒ 5ns
C
ファイバーレーザー
D
パルス幅>120ns

同じ基本波長レーザーにはYVO4レーザー(波長:1,064nm)があります。
光ファイバーでレーザー光を増幅するファイバーレーザーに対し、YVO4レーザーはYVO4結晶でレーザー光を増幅する固体レーザーです。両者の違いは、ピークパワーとパルス幅にあります。※
ファイバーレーザーが低ピーク・長パルスで金属への深堀・ハイパワー印字を得意とする一方で、YVO4レーザーは高ピーク・短パルスレーザーで熱ダメージを抑えた高発色・低ダメージ印字に適しているといえます。

※ピークパワー:レーザー光の1パルスにおける瞬間的な出力の最大値
パルス幅:レーザー光の1パルスが照射される時間

  YVO4レーザー ファイバーレーザー
Niメッキ印字 YVO4レーザー Niメッキ印字 ファイバーレーザー Niメッキ印字
SUS深彫り印字 深さ1μm深さ1μm 深さ8μm深さ8μm
コラムColumn
ハイブリッドレーザーマーカー
ハイブリッドレーザーマーカー
A
高品質印字(ピークパワー重視)
B
高速印字(出力重視)

従来のYVO4レーザーマーカー、ファイバーレーザーマーカーのメリットを網羅 (当社従来比)

キーエンスでは、YVO4レーザーの技術とファイバーレーザーの技術を融合したハイブリッドレーザーマーカーをラインナップ。
樹脂への繊細な印字も、金属への高出力印字も各種対象物に最適な印字が行えます。
ハイブリッドレーザーマーカーは、固体レーザーとファイバーレーザーの両方を開発し続けたキーエンスならではのテクノロジーです。

商品の紹介

クラス最高出力 3-Axis ファイバレーザマーカ MD-Fシリーズ

クラス最高出力3-Axis ファイバレーザマーカMD-Fシリーズ

50 W/30 W ハイパワー
高出力レーザーが大幅タクト短縮、金属への深彫り、高速加工を実現。
用途別スキャナ制御
用途にあわせてレーザー走査を最適化。タクト短縮・品質向上を実現。
耐環境ファンレスヘッド
設置環境を選ばないコンパクト&タフ構造【保護構造 IP64】
焦点ズレなし、位置ズレなし 3-Axis ハイブリッドレーザマーカ MD-Xシリーズ

焦点ズレなし、位置ズレなし3-Axis ハイブリッドレーザマーカMD-Xシリーズ

全エリアオートフォーカス
レーザーヘッド内に測距センサと内蔵カメラを搭載し、印字エリア全てで焦点ズレや位置ズレの補正が可能。
予知保全&トラブル解析ツール
レーザーマーカーの内部状態を常にモニタリングすることで、予知保全やトラブル解析が簡単。
高ピークパワー・高出力
高ピークかつショートパルスレーザーを実現することで、シャープな印字品質と高速印字のメリットを両立。

マーキング学習塾 トップへ戻る

マーキング事例ギャラリー 印字改善と実例を「見る・知る」サイト。マーキング機器における課題解決例や現場に役立つ印字事例を多数掲載! 詳しくはこちら