ガラス/紙/セラミック/プリント基板へのレーザ印字・加工

レーザの種類や波長を理解すれば、さまざまな材質にマーキングを行うことが可能です。しかし、それぞれの素材にあわせて最適なレーザマーカを選定しなくては、求めているような仕上がりを得られません。こちらではガラスや紙、セラミックやプリント基板などの材料に最適なレーザマーカの選定方法をご紹介します。

ガラス

ソーダガラス

  • ハイパワーでの一回書き
    • ハイパワーでの一回書き
    • ところどころに大きなクラック発生
  • 複数回の重ね書き
    • 複数回の重ね書き
    • 全体的に均一な印字

微細なクラックを発生させる印字です。弱いパワーで数回に分けて重ね印字することでより鮮明な印字が可能です。

選定のポイント
対象物に熱を加えて印字をおこなうCO2レーザマーカが最適です。強いパワーで印字すると大きなクラックが入ってしまう可能性があるため、弱いパワーで数回に分けて重ね印字をおこなうことが有効です。デフォーカスにより線の太さを調整することも可能です。
推奨機種
CO2レーザマーカ ML-Zシリーズ

石英ガラス

石英ガラス

ガラス表面をわずかに溶かすような印字です。耐熱性があるため、レーザ印字をしてもクラックが入らない印字が可能です。

選定のポイント
対象物に熱を加えて印字をおこなうCO2レーザマーカが最適です。耐熱性のため、ハイパワーでゆっくりと印字をしないと高い視認性が得られない場合があります。
推奨機種
CO2レーザマーカ ML-Zシリーズ

印刷面の白抜き印字

印刷面の白抜き印字

印刷(ベタ塗り)面をレーザ光で焼き飛ばし、視認性の高い印字をおこないます。コントラストが高いため、バーコードなどの印字をする際も読取り率の高い印字が可能です。

選定のポイント
対象物に熱を加えて印字をおこなうCO2レーザマーカが最適です。下地の印刷は、濃い色の方が視認性の高い印字ができます。バーコードなどを印字する場合は、通常の文字列印字よりも時間がかかる傾向にあります。
推奨機種
CO2レーザマーカ ML-Zシリーズ

印刷のない白紙への印字

印刷のない白紙への印字

対象物の白地面へハイパワーで焼き付ける印字です。スタンプなどの他方式から変更しても、カートンのデザイン変更等が不要なため、置換えもスムーズです。

選定のポイント
対象物に熱を加えて印字をおこなうCO2レーザマーカが最適です。また印字の際にススが発生する可能性があるので、レーザマーカのほか集塵装置が必要になるケースがあります。
推奨機種
CO2レーザマーカ ML-Zシリーズ

セラミック

ジルコニア系セラミック
ジルコニア系セラミック(基本波長レーザマーカにて印字)
アルミナ系セラミック
アルミナ系セラミック(CO2レーザマーカにて印字)

ジルコニア系セラミックでは、黒っぽく焼き付けるような印字、アルミナ系セラミックでは、表面を溶かすような印字の仕上がりになります。

選定のポイント
ジルコニア系セラミックには基本波長のレーザマーカ、アルミナ系セラミックにはCO2レーザマーカが最適です。成分により、機種選定が変わるので注意しましょう。
推奨機種

ハイブリッド レーザマーカ MD-Xシリーズ

CO2レーザマーカ ML-Zシリーズ

プリント基板

レーザ印字

レジストの表面のみを削り、白く印字します。浅堀りでパターンを露出させずに鮮明印字が可能です。

選定のポイント
印字の際にパワーを上げすぎるとススが発生するので、プリント基板の場合は低パワーで印字することが大切です。また基本波長レーザはレジストを透過し、パターンに影響を与える可能性があるためCO2レーザが最適です。
推奨機種

CO2レーザマーカ ML-Zシリーズ

マーキング学習塾 トップへ戻る