工程改善版を使用する刻印機

手打刻印や、ホルダ式刻印、ナンバリング刻印、ロールマーカー、プレスマーカー、チャックマーカーなど、版を使用する刻印機における課題とレーザー刻印機を使った改善事例をご紹介します。

版を使用する刻印機における課題

低価格で導入が容易な版を使用する刻印機ですが、摩耗による版のメンテナンスに手間がかかったり、立体形状への印字が難しいといった課題があります。また、印字に色は付かないので材質によっては視認性が低いケースがあります。
一方、レーザー光を照射して印字するレーザー刻印なら、黒色・白色に発色して印字ができるため、高い視認性を実現します。また、立体形状への印字も可能、印字内容の変更も容易といった多くのメリットから導入が増えています。

刻印機
刻印機
レーザー刻印機
レーザー刻印機

改善ポイント

1品質
高精度が求めれられる製品もダメージを心配せず鮮明な印字が可能。
小さな文字も鮮明に印字可能なため確実な履歴管理ができます。
2コスト
品種ごとの版の作成が不要です。外国語、ロゴマークもデータそのままの印字ができます。
3作業効率
段取り替え工数、印字内容変更、刻印時間など大幅な工数削減ができます。
4環境
繰り返し作業からの腱鞘炎などの心配がありません。作業環境を大幅に改善します。

レーザー刻印アプリケーション例

銘板
銘板
ベアリング
ベアリング
あなたにピッタリなレーザー刻印機の価格は?

マーキング学習塾 トップへ戻る