工程改善電気ペン(精密グラインダー)

電気ペン(精密グラインダー)における課題と、レーザー刻印機を使った改善事例をご紹介します。

電気ペン(精密グラインダー)における課題

電気ペン(精密グラインダー)は金型や精密部品へ簡易的に印字する方法として使われています。最も多い悩みは作業者により印字品質が大きく変わってしまうことです。平面でも印字品質のバラつきがでますが曲面や小さな製品では熟練の方でも苦労しています。
レーザー刻印では誰もが簡単に、確実に印字ができるため作業効率の大幅向上を実現します。

電気ペン(精密グラインダー)
電気ペン(精密グラインダー)
レーザー刻印機
レーザー刻印機

改善ポイント

1品質
人によるバラつきがなく、確実な管理が行えます。曲面や小さな製品にもきれいに印字できるため製品のイメージUPに貢献します。
2作業効率
数十文字の印字も一瞬で印字するため、作業工数の大幅削減が可能です。
3環境
削りカスがなくせ、周辺環境の改善が可能です。

レーザー刻印アプリケーション例

インプラント
インプラント
精密部品
精密部品
あなたにピッタリなレーザー刻印機の価格は?

マーキング学習塾 トップへ戻る