工程改善ドット刻印機(エアペン)

ドット刻印機(エアペン)における課題と、レーザー刻印機を使った改善事例をご紹介します。

ドット刻印機(エアペン)の課題

高速で振動し印字するピンマーカーは自動化ラインにも使用されています。ピン先を強く製品に当てるため、ピン先の磨耗、駆動部品の劣化、騒音などの問題も発生しています。レーザー刻印ではメンテナンスフリー、消耗品フリー、騒音無しが実現できるため大幅な作業環境の改善が可能です。また、コントラストの高い2次元コードが印字できるため、読み取りの安定にも大きく貢献します。

ドット刻印機(エアペン)
ドット刻印機(エアペン)
レーザー刻印機
レーザー刻印機

改善ポイント

1品質
ピン先の劣化による印字品質のバラつきがなく、2次元コードの読み取りも陰影ではなく白黒のコントラストがはっきりした印字ができるため安定した読み取りが可能です。
2コスト
騒音対策用の防音壁の工事費、定期的な消耗部品の費用、保守メンテナンス費用を大きく削減可能です。
3作業効率
印字タクトの大幅短縮、定期的なメンテナンスにかかる工数を大幅に削減可能です。
4環境
騒音を出さないため作業環境の改善に大きく貢献します。

レーザー刻印アプリケーション例

自動車部品
自動車部品
2次元コード印字
2次元コード印字
あなたにピッタリなレーザー刻印機の価格は?

マーキング学習塾 トップへ戻る