業界別導入事例自動車業界

自動車業界では実際にどんな使われ方をしているのでしょうか?
新しい工法開発にも役立つアプリケーション集をご紹介します。

自動車業界におけるダイレクトパーツマーキング

何よりも「安全」が求められる自動車業界では、従来から高いレベルの履歴管理・工程管理が追求されてきました。特に2次元コード印字によるトレーサビリティの確立は多くの自動車メーカー、部品サプライヤーで重要視されています。こうした「印字の必要性」は今や主要部品のみならず、2万点以上に及ぶ自動車構成部品ひとつひとつへと着実にひろがりをみせています。なかでも、消えない・改ざんできない・低ランニングコストといったメリットから、「レーザマーカ」によるダイレクトパーツマーキング手法の採用が加速しています。こちらでは、レーザマーカによる印字導入事例を紹介・解説していきます。

自動車業界におけるダイレクトパーツマーキング

マーキング学習塾 トップへ戻る