工程改善スタンプ

レーザマーカを導入したことで成功した様々な工程改善事例をご紹介します。

スタンプ・レーザマーキングの特徴

メリット・デメリット
  メリット デメリット
スタンプ方式
  • イニシャルコストが安価
  • 簡単に扱える
  • 間違えたときに消せる
  • 文字欠け・かすれが発生する
  • 印字が消える恐れがある
  • ランニングコストがかかる
  • 曲面、やわらかい製品への印字が困難
  • ピンホールの恐れがある
  • 印字内容を細かく変更しにくい
レーザマーキング
  • 文字欠け・かすれがない
  • 消えない印字(レーザ)
  • ランニングコストが安い
  • 曲面、柔らかい製品へも安定印字
  • ピンホールの心配不要
  • 秒単位まで細かく履歴管理ができる
  • イニシャルコストが高い
  • 装置が大きい
スタンプとレーザマーキングの比較
比較内容 レーザマーカ スタンプ
文字化け、かすれがない
段取り替えが不要 ×
印字が消えない ×
カレンダ、カウンタが
自動で印字できる
×
高速ラインに対応できる
曲面、凹凸面ややわらかい
部分にも鮮明に印字できる
小さい文字を鮮明に
印字できる

個包装フィルムへのスタンプ(インク方式)からの改善

個包装フィルムへの印字を従来のスタンプ等のインク方式からレーザマーカで発色印字。
材質自体を変色・加工するため消えない、確実な印字を行います。
特にドレッシングなどの油、製薬業界でのアルコールなどが付着する製品に確実な印字を実現します。

個包装フィルムへのスタンプ(インク方式)からの改善

アプリケーション例

パウチ
パウチ
袋ヒートシール
袋ヒートシール

改善ポイント

1品質
油、アルコールでも消えない、確実な表示が可能です。
2コスト
使用枚数に応じて増加するインクリボン、メンテナンス部品のランニングコスト、がなくなります。
3作業効率
品種の段取り替え、インクリボンの交換作業などの作業工数を大幅削減可能です。
4環境
インクのリボンなどのゴミを出さないため環境対策(CSR)に貢献します。

カートンへのスタンプからの改善

柔らかいカートンにレーザマーカでダイレクトマーキング。文字かすれ、欠けがない高品質な印字ができ、品質イメージ向上ができます。画像カメラによる印字検査もムダバネがない安定したラインの稼動を実現します。

カートンへのスタンプからの改善

アプリケーション例

カートン
カートン
薬箱
薬箱

改善ポイント

1品質
凹凸面でも印字欠け、かすれなどの印字不良がなく安定した印字が可能です。
2コスト
使用枚数に応じて増加するインクリボン、メンテナンス部品のランニングコスト、がなくなります。
3作業効率
製品を搬送中に印字できるため停止させる必要がありません。品種の切り替えもワンボタンで変更し生産効率アップを実現します。
4環境
ラベルの台紙などのゴミを出さないため環境対策(CSR)に貢献します。

ケーブルへのローラースタンプからの改善

高速で流れるケーブルにもダイレクトマーキングが追従します。レーザマーカであれば表面の材質面を発色させるので消えない、確実なマーキングが可能です。線径が細い、表面に凹凸があっても安定した印字を実現します。

ケーブルへのローラースタンプからの改善

アプリケーション例

ケーブル(発色印字)
ケーブル(発色印字)
ケーブル(加工)
ケーブル(加工)

改善ポイント

1品質
高速ラインでの転写、印字不良がなく、安定した印字が可能です。表面に凹凸がある、線径が細い製品にも確実な印字が可能です。
2コスト
細かな履歴管理が可能なため、万が一の場合でも被害を最小限に抑えることができます。レーザマーカであればランニングコストがかからないため大幅なコストダウンを実現します。
3作業効率
数時間おきのインクの補充の手間、印字内容変更の工数を大幅削減可能です。
4環境
インクを使用しないため有機溶剤を使わず、環境対策(CSR)に貢献します。

ボトルへのインク方式からの改善

ボトルへもレーザマーカで鮮明な印字が可能です。形状が異なる品種が複数あっても、3次元制御レーザであれば段取り替え不要で鮮明印字ができます。インクを使用しないためランニングコスト不要、メンテンス不要を実現します。

ボトルへのインク方式からの改善

アプリケーション例

化粧品ボトル
化粧品ボトル
ペットボトル
ペットボトル

改善ポイント

1品質
複数のボトル形状に3次元制御であれば安定した、美しい印字が可能です。
2コスト
細かな履歴管理が可能なため、万が一の場合でも被害を最小限に抑えることができます。レーザマーカであればランニングコストがかからないため大幅なコストダウンを実現します。
3作業効率
段取り替えの工数、印字機のメンテンス工数を削減できます。
4環境
インクを使用しないため有機溶剤を使わず、環境対策(CSR)に貢献します。

マーキング学習塾 トップへ戻る